このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『すくってごらん』第1巻 大谷紀子 【日刊マンガガイド】

2014/09/25


sukuttegoran_s01

『すくってごらん』第1巻
大谷紀子 講談社 \429+税
(2014年9月12日発売)


主人公・香芝誠は、大手メガバンクで営業成績トップのエリート銀行マン。ところが、たった1枚の契約書のミスで左遷されてしまう。彼の転属先は奈良県大和郡山市。この町の名産は……なんと金魚!
大和郡山市は 金魚すくい用の金魚「小赤」を大量に生産することで知られ、その生産量は全国トップクラスを誇る。金魚すくいの全国大会が毎年開催されているほどの「金魚先進都市」なのだ。エリートコースを外れた香芝は、金魚すくいを通じ、この町の人々と交わり、自分の居場所を少しずつ築き上げていく。

「金魚すくいなんか、マンガになるの?」というストレートな疑問は至極もっとも。しかし、われわれの知らないところで、「本場」の金魚すくいは高度に発展していた。
大会参加者のポイさばきは、夏祭りの夜店のような牧歌的な世界のものにあらず。ある種スポーツのような娯楽へと進化を遂げていたのである。

見知らぬ世界に飛び込んだ主人公が、少しずつ知識や技術を獲得していくステップ・バイ・ステップ感は、まさしく王道スポーツマンガのノリだ。はじめはド素人の主人公が、ふとしたことで見せる才能の片鱗……というスポーツマンガの王道的“お約束”もあって、ぐいぐいと引き込まれる。
また、ヒロイン・生駒吉乃との恋模様も気になるところ。浴衣姿で金魚すくいをしている姿の、まあかわいいこと! 香芝でなくっても、こんなかわいい女性が身近にいたら、イイところを見せたくなるってもんです。
掲載誌「BE・LOVE」(講談社)は女性向けマンガ誌だが、男の主人公が非BLで恋愛……という点でも、万人向けといえるだろう。

金魚すくいという、変化球的な題材でありながら、王道であり、万人向け。油断していると、足下をすくわれるかも?



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでのマンガ家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

単行本情報

  • 『すくってごらん』第1巻 Amazonで購入
  • 『ミエリーノ柏木』第1巻 Amazonで購入
  • 『リトル・マエストラ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2