このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ダンベル何キロ持てる?』 第2巻 サンドロビッチ・ヤバ子(作) MAAM(画) 【日刊マンガガイド】

2017/07/08


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『ダンベル何キロ持てる?』

  
dumbbellnankilomoteru_s02

『ダンベル何キロ持てる?』 第2巻
サンドロビッチ・ヤバ子(作) MAAM(画) 小学館 ¥552+税
(2017年6月12日発売)


女の子たちによる、筋トレ解説コミックの第2巻。
大食いだけど痩せたいギャル・紗倉ひびきのほか、筋肉フェチお嬢様、ボクシング少女、コスプレイヤーの先生と、筋トレ仲間が増えてきた。

基本的にはジムの“脱いだらすごい!”マッチョトレーナー・街雄鳴造に悩みを相談して、トレーニング方法を習って実践するという流れ。
ディップス、レッグカール、バイシクルクランチ、チンニングなどなど。
今すぐできるものから、肉体改造用の本格的なものまで詳細に掲載されている。

第2巻では、アームレスリングの試合にひびきが参加する話が描かれる。
今まではあくまでも自分の身体のためのトレーニングだったのが、相手がいる実戦訓練が目的のひとつになった。
勝つために必要な筋肉はどこか、そのためどんな筋トレが必要かが、理論的に説明される。

普段から格闘技をやっている彩也香ではなく、初心者でぷにぷになひびきが圧倒的に強い、というのがおもしろい。
テクニックを駆使している訳でもない。なんでこんなに強いのか、まったく理由がわからない。
単なるギャグなのか、それとも伏線なのか。
『ケンガンアシュラ』のサンドロビッチ・ヤバ子が著者となると、何かありそうで勘ぐってしまう。

夏に向けて身体を鍛えたい人には、役立つ知識満載。
新キャラも登場、“女の子がワイワイ筋トレして美しい身体づくりをしている”フェティシズムが最高度まで詰めこまれているので、楽しくトレーニングできます。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『ダンベル何キロ持てる?』 第… Amazonで購入
  • 『ダンベル何キロ持てる?』 第… Amazonで購入
  • 『ケンガンアシュラ』 第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]