このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

7月28日は「映画『ドナルドのそっくりさん』の全米公開日」 『ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語』を読もう! 【きょうのマンガ】

2017/07/28


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

7月28日は映画『ドナルドのそっくりさん』の全米公開日。本日読むべきマンガは……。


howardtheduck_s

『ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語』
チップ・ズダースキー(作) ジョー・キノーネス(画) 中沢俊介(訳)
小学館集英社プロダクション ¥2,000+税


今から約70年前、1946年の7月28日は、ディズニーによる短編アニメーション映画『ドナルドのそっくりさん』の全米公開日である。
タイトルのとおり、映画の内容はドナルドダックの“そっくりさん”が登場するというもの。
言葉づかいや礼儀作法に疎く、恋人のデイジーダックに「ちゃんとしたオトコになるまでは二度と会いたくないわ!」と怒られてしまうドナルド。
ところが直後、自分と瓜2つながら、完璧な言葉づかい(それに美声)とマナーを持ったアヒルの青年に出会う。
ドナルドは彼に、自分のかわりにデイジーとのデートを頼むのだが……。

さて、コミック界において“ドナルドダックのそっくりさんキャラ”といえば、やはりマーベル・コミックのハワード・ザ・ダックだろうか。
水鳥が進化した知的生命体が住む異世界「ダックワールド」から“毛なしザルの世界”こと地球に落下してきたハワード。
当初は生まれ故郷に戻るため奮闘するも、恋人(デイジーダックのようなかわいい水鳥ではなく、なんと地球人の美女、しかも女優)もでき、現在は私立探偵として地球で生活中だ。

ハワードのトレードマークは、葉巻とネクタイ。そして武術「クワック・フー」の達人でもある。
ちなみに、ドナルドと似た色合いの背広を着ていたのだが(さすがに水兵服ではなかった)、いつの間にか水色でなく赤い背広を着るようになり、またドナルドのはいてないパンツを身に着けることにもなって、少しずつ“そっくりさん”度は減っている模様。

日本では、MARVELのアメコミキャラのなかでも、あまりなじみのないハワードだが(ラジー賞4部門を獲得した実写映画『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』の存在から、一部では「ああ、あのテレ東で午後に何度も再放送やってたアレね」という認識が高い可能性はあるけど……)、近年では映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のポストクレジットシーン(本編終了後の例のおまけ映像)に、まさかの登場! ファンを驚かせていた。
そして今年公開された続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』では、本編登場キャラクター(いちおう)に昇格!
今後のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品のなかで、ハワード・ザ・ダックがアイアンマンやキャプテン・アメリカたちと肩を並べて大活躍、日本でドナルドレベルの知名度をえる日も来る……のだろうか……????



<文・四海鏡>
石ノ森章太郎ファンのライター。好きな石ノ森作品は『番長惑星』など。ネオライダー世代。

単行本情報

  • 『ハワード・ザ・ダック:アヒ… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]