このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ディエンビエンフー』 第6巻 西島大介 【日刊マンガガイド】

2017/07/26


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『ディエンビエンフー』

  
DienBienPhuShinsou_s06

『ディエンビエンフー』 第6巻
西島大介 双葉社 ¥740+税
(2017年6月28日発売)


ベトナム戦争を舞台に、従軍カメラマンの日系アメリカ人・ヒカルと人間離れした強さを誇るゲリラの少女・プランセスの恋模様を描いた『ディエンビエンフー』。

2004年に「comic新現実」(角川書店)にてスタートするが、休刊により「IKKI」(小学館)に移籍。その「IKKI」も2014年に休刊の憂き目にあい、未完の状態となっていた。

しかし今年(2017年)1月25日発売の「月刊アクション」(双葉社)から『ディエンビエンフー TRUE END』の名で続編が始まる。これで3つ目の掲載紙×3つ目の版元。
まるで何度倒されても立ちあがるプランセスのようだ。

さて、連続刊行を続けていた新装版は、ひとたび第6巻をもって打ち止めとなる。
IKKIコミックスでは全12巻だが、今回は第1部でひと区切りとし、『ディエンビエンフー TRUE END』につなげている。ここに至るまでじつに13年の月日が流れているが、今回は“最速最短で完結させるプロジェクト”とのことだ。

この第6巻は、グリーンベレーのティムとプランセスのタイマンが主軸となる。
プランセスのおばあちゃんの仕切りにより、ティムの師匠であるヤーボ大佐も手出しはせずに見守るのみ。
ストレイドッグスの残党・アメリカン忍者のジャジャマルを失ったことで覚醒したティムが、無敵のプランセスに襲いかかる。
テンションマックスで躍動感あふれるバトルが描かれ、文字どおり息つくヒマもなし!

もともと絵コンテを極めたかのようなコマ割りではあったが、中盤、見開き14ページを使ってヤーボ大佐が倒れるシーンは、マンガ史上初となる大胆な試みではないだろうか。
これがもう鳥肌モノで、ページを繰る速度を変えながら何度も読みかえしてしまった。
いやはや脱帽だ。すごい。マンガって、自由だ。

そして舞台は繰り返される第1話へ。
1973年のサイゴン郊外、米軍完全撤退まであと数時間。
吹き飛ばされる、しっかりとつながれた手。
時計の針は1970年まで巻き戻り、ヒカルとプランセスの物語が動き出す。

“終わりの始まり”をリアルタイムで目撃すべし!



<文・奈良崎コロスケ>
中野ブロードウェイの真横に在住。マンガ、映画、バクチの3本立てで糊口をしのぐライター。

単行本情報

  • 『ディエンビエンフー』 第6巻 Amazonで購入
  • 『ディエンビエンフー』 第5巻 Amazonで購入
  • 『ディエンビエンフー』 第1巻 Amazonで購入
  • 『すべてがちょっとずつ優しい… Amazonで購入
  • 『夏の彗星 西島大介コミック… Amazonで購入
  • 『世界の終わりのいずこねこ』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]