このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『つらなるステラ』 高野ひと深 【日刊マンガガイド】

2018/01/30


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『つらなるステラ』



『つらなるステラ』
高野ひと深 祥伝社 ¥650+税
(2017年12月12日発売)


まず最初にいっておこう。
これは一読後、きっと大切に取っておきたくなる短編集だ。

著者は、人気急上昇の注目株・高野ひと深。
代表作である『私の少年』は、30歳OLと12歳小学生の心の交流を描きだした名作で、『このマンガがすごい!2017』オトコ編 第2位のほか、様々なメディアでランキング入りを果たしている。

今回ご紹介する『つらなるステラ』は、彼女の未収録BL読み切りをすべて収録。
登場人物はだれもがじつにリアルで、かつ愛おしい男子たち。
現実とファンタジーが絶妙に混じりあった程よい距離感と、心地いい作品世界がたまらなくくせになる作品集なのだ。

表題作「つらなるステラ」は、現アイドルの央司(おうじ)と、元アイドル・現俳優の蒼馬(あおば)の物語。
5年前に国民的アイドルグループ“ADORE5(アドレス)”を脱退して、今や邦画界に引っ張りだこの演技派俳優となった蒼馬だが、彼は今でもADORE5のセンターである央司の熱烈なファン。
ある日、ADORE5の解散ニュースが流れて衝撃を受けている蒼馬のもとに、突然央司がやってきて――。

カップリングは多種多様。アイドルと俳優に始まりヤンキー同士だったり、同窓生だったり、お隣同士だったり……。
でもそのどれもがひと味もふた味も違うというか、単なるBLカップルではなく、どこかが特別だ。
それはつまり、著者の視線が独特かつ特別だからにほかならない。
卓越したネーム、読む者に訴えかける構図、工夫されたページの組み立て、エトセトラ。
そしてその巧みなテクニックによって、物語は隅々まで丁寧に描きだされる。

もちろん濡れ場もあり。これがまた、エロいだけでなく、とにかくときめく。
読み終わってほうっと息をつき、ああ、ずっとこんなBL読みたかった、と思ってしまう。
個人的には「ADORE5」と書いて「アドレス」と読ませる辺りの、アイドル好きならではのネーミングにグッときた。

表題作には描き下ろし後日談もあって、央司と蒼馬のかわいいエピソードが楽しめる。
必見です。



<文・山王さくらこ>
ゲームシナリオなど女性向けのライティングやってます。思考回路は基本的に乙女系&スピ系。
相方と情報発信ブログ始めました。主にクラシックやバレエ担当。
ブログ「この青はきみの青」

単行本情報

  • 『つらなるステラ』 Amazonで購入
  • 『私の少年』 第1巻 Amazonで購入
  • 『私の少年』 第4巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]