このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ハスリンボーイ』草下 シンヤ (作) 本田 優貴 (画)

2018/06/28


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『ハスリンボーイ』



『ハスリンボーイ』 第1巻
草下 シンヤ (作) 本田 優貴 (画) 小学館 ¥596+税
(2018年7月30日発売)


『ハスリンボーイ』は、現在「週刊ビッグコミックスピリッツ」で絶賛連載中の、裏社会を題材にした新感覚アウトロー・エンターテインメント作品だ。
物語の舞台となるのは、欲望うずまく副都心・池袋。
主人公のタモツは、奨学金という名の借金を背負っている。順調に返済していっても、完済するころには43歳になってしまう。このままでは人生が“詰んでいる”と感じた彼は、社会人になる前に“借金”を完済するため、裏社会へと足を踏み入れた。

主人公・タモツは、学生の顔と裏社会の“道具屋”という顔を使い分ける。


タモツの手がける裏稼業は“道具屋”。暴力団、不良外国人、半グレといった犯罪をナリワイとする裏社会の住人たちに、非合法(ハスリン)ツールを提供する。非合法ツールとは、トバシ携帯、偽造ナンバープレート、バンプキーなどなど、およそ犯罪に使われるようなシロモノばかり。タモツは非合法ツールを調達するアブない仕事で金を稼いでいくのであった。だが、商売相手が裏社会の住人だから、トラブルも絶えることがなく……。

偽造ナンバープレートから、偽造車検証までなんでもご用意! これ、何に使うかといえば、当然……。

下手に出て愛想よくして、悪党(ワル)の使い走りで稼ぐタモツだが、裏稼業が順調になれば、徐々に商売相手となる連中のヤバさのグレードが上がっていく。
果たしてタモツは、魑魅魍魎うごめく裏社会で生き残ることができるか?
平成最後のピカレスク、開幕!

第1巻は2018年7月30日に発売予定!
ためし読みはコチラから!



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでの漫画家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]