このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【速報】恐怖と謎とエロスが融合したサスペンスホラー 第5回ネット小説大賞メディア賞受賞小説コミカライズ『名前のない怪物』 第9話、更新!

2018/11/09


第5回ネット小説大賞にてメディア賞を受賞、紀伊國屋書店新宿本店 文庫・週別ベストセラー1位(2018年3月1週)紀伊國屋書店梅田本店 文庫・週別ベストセラー1位(2018年3月4週)、そして、続編を希望すると答えた人が92%(読者アンケートより)と、圧倒的支持を集めるサスペンスホラー小説『名前のない怪物』のコミカライズが好評連載中です!
しかも本作は「このマンガがすごい!」初の試みとして、 「LINEマンガ」×「このマンガがすごい!」コラボ企画として「LINEマンガ」での連載を実施!!

本日は、前回に続き第9話の更新です!!

\今すぐに無料公開中の最新話をチェックしたい人は、下のバナーをクリック!/

『名前のない怪物』コミカライズ第1巻、好評発売中!!

9月15日(土)より、全国の書店にて発売! 現在、好評発売中です!

『このマンガがすごい! comics 名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人』第1巻
漫画:万丈梓 原作:黒木京也
宝島社 ¥690+税
(2018年9月15日発売)

★単行本情報を知りたい&今すぐゲットしたい方はコチラから!


原作小説『名前のない怪物』とは?


<ストーリー>
ある日、音もなく僕の部屋に姿を現した、正体不明の怪物。
美しい少女の姿をとりながら、言葉も通じず、意志の疎通が可能かどうかも不明な「それ」は、少しずつ僕の生活を侵食していく。また、怪物の出現と時を同じくして、連続猟奇殺人事件が巷を騒がせていた。
はたして美しくも不気味な「同居人」は、猟奇殺人と関係があるのだろうか――


『名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人』
黒木京也
宝島社 ¥640+税
(2018年3月6日発売)


そんな本作のコミカライズを描くのは、『変則系クアドラングル』を手がけた漫画家・万丈梓先生。
妖しくも美しい「怪物」の存在感、血の匂いが漂ってきそうな遺体の凄惨さ、葛藤する登場人物たちの克明な表情……先生のペンが描き出す物語は、1ページ毎にあなたを絡め取っていくこと間違いなし。いつの間にか、あなたも『名前のない怪物』に捕らえられていることでしょう……!


本日公開の第9話のみどころを特別にご紹介!!

友人である純也の家からの帰路、猟奇殺人事件の新たな犠牲者を発見したレイ。
その数日後、レイを叔父の大輔が訪れていた。
猟奇殺人事件の担当刑事として真相を追う大輔は、事件の経緯を語りだす。
これまでに見つかった、6人の犠牲者たち。
なかでも、“怪物”がその姿を借りる2人目の犠牲者・米原侑子の遺体には、ほかとは違う“異質”さがあるという。
なぜ、この事件の遺体だけ、生物の“捕食”を思わせるような惨状を見せたのだろうか?


そして、2人目以降の犠牲者たちを繋ぐ共通点である、「遺体から持ち去られた内蔵」。
いったいそこには、どんな意図が……??
“怪物”と事件の関わりを疑うレイの思考を遮るように、大輔の電話が鳴り響く!


新たな事件の発生に、慌ただしく出ていく大輔。
それを見送ったレイは、再び姿を現した“怪物”を前にしながら思うのだった。
「お前はいったい今までどこで何をしていた?」


……と、ご紹介はここまで!!
気になる方は下記をクリック!

\今すぐに無料公開中の最新話をチェックしたい人は、下のバナーをクリック!/

こちらも要チェック! 原作続編『名前のない怪物 蜘蛛の聖餐』発売中!!

さらに、コミカライズ単行本とともに、原作の続編も発売中!
あわせてゲットして、コミカライズといっしょに読み比べてみてください!!

『名前のない怪物 蜘蛛の聖餐』
黒木京也
宝島社 ¥640+税
(2018年9月15日発売)

★単行本情報を知りたい&今すぐ予約したい方はコチラから!


関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]