このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ブタイウラ』上巻 高津カリノ 【日刊マンガガイド】

2015/01/15


butaiura_s01

『ブタイウラ』上巻 高津カリノ
スクウェア・エニックス \533+税
(2014年12月25日発売)


国籍不明なちょっと不思議な世界のサーカス団を描いた作品……なんだけど、あなたたちサーカスしてませんよね!?

先日終了した『WORKING!!』の作者・高津カリノの原点にあたる作品。
2002年から2008年まで「がはこ」名義で、自らのWEBサイト「うろんなページ」で連載していた、商業デビュー前の作品集だ。

主人公はヒシンという、あまりパッとしない青年。修行で西のサーカス団に加入することになる。
そこにいたのは、いつもケガをして血まみれになっている女性リナカ、箱のなかに入った引きこもり少女リリザ、面倒見はいいのに冷酷な言葉でいじめをする青年アレス、女性を見たらすぐに抱きつくグランなど。
変人が次から次へと登場し、上巻は彼らとヒシンの出会いがメインになっている。

下巻では人間関係がうっすらと変化、アレスとリナカに淡い恋愛関係が生まれたりと、個々にスポットが当たっていく。
ツンデレ男子と無邪気女子の組み合わせは、『WORKING!!』の佐藤と八千代の関係の原型になっているので、比較してみてほしい。

主人公のヒシンは、あまりに周囲のキャラが濃すぎてぶっちゃけ目立たない(これも高津カリノ作品らしい)。
しかし、目隠しをすると人格が変わってしまう、二重人格者であることが発覚。終盤は、本人がどう自分を受け入れていくかに話は移っていく。

たくさんの珍妙キャラが出てきて、横のつながりとじっくり広げていくというフォーマットは、『WORKING!!』や『サーバント×サービス』、最近始まった『俺の彼女に何かようかい』の基礎になっている。
かなり昔の作品で、WEBコミック独自のペースで描かれているため、どうしてもキャラの登場スピードに駆け足感はある。しかし、作者の群像劇が好きな人なら、安心して楽しめる作品だ。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『ブタイウラ』上巻 Amazonで購入
  • 『ブタイウラ』下巻 Amazonで購入
  • 『WORKING!!』第13巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]