このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『星と革命と坂口杏子』第1巻 岩村月子 【日刊マンガガイド】

2015/02/02


hoshinokakumeitosakaguchikyoko_s01

『星と革命と坂口杏子』第1巻
岩村月子 KADOKAWA \580+税
(2015年1月9日発売)


幼児期から思春期にかけて、「自分が見ている世界はウソで、騙されているのかもしれない」「自分は自分ではないのかもしれない」という強迫観念に近い妄想にとらわれることがある。
これは自我がまだはっきりしていない時にはよくあることだそうだ。経験した人も多いのでは?

少女・坂口杏子は、序盤で眼帯をした星愼一朗という少年に疑惑を抱く。自分がもし仮に普通だとしたら、彼は都市伝説になっている宇宙人ではないか。
さすがにそれはないと思い、友人に「星はいつ転校してきたの?」と聞いたところ、友人は「最初からずっといるじゃん」。 彼女のなかの常識がいっきに崩れ始める。
杏子が星を調べようと接触したところ、次の日から「侵食された人間」が見えるようになってしまった。

侵食された人間は肌の一部が幾何学模様で覆われ、明らかに異質。しかし侵食の仕組みも、どうなるかも、まったくわからない。
侵食を見つけたところで、当の本人たちはなに食わぬ顔でいつもの生活を送っている。杏子や愼一朗も感染してしまうのに、なにも変わらないから、読んでいて困惑してしまう。
明らかにおかしなことが起きているのに、なにが起きているのか、なにひとつ理解できないままなのだ。

「自分の見ている世界は正しいんだろうか?」という感覚を刺激する作品。特にホラー描写はないが、読んでいて急に不安になる可能性はありますのでご注意を……。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『星と革命と坂口杏子』第1巻 Amazonで購入
  • 『ハイスクールレイニー』Volu… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2