このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『昏倒少女』 安藤ゆき 【日刊マンガガイド】

2015/03/10


kontoshoujyo_s

『昏倒少女』
安藤ゆき 集英社 \400+税
(2015年2月25日発売)


デビュー単行本である短編集『透明人間の恋』が『このマンガがすごい!2014』オンナ編17位にランクインした新鋭、待望の新刊が登場!

表題作の「昏倒少女」の主人公は、体が弱くすぐに倒れてしまう女子高生・小日向さん。
その日も保健室で目覚めると、そばにいたのはクラスメートの橘くん。
「あたしのこと好きなのかな?」と思いきや、彼の目線の先にいるのは、保健室の先生だとすぐにわかってしまうのだが。

ところが、彼と帰る道すがら「虚弱なのは食生活が偏ってるからだ」と指摘され、橘くんの家でごはんをごちそうになることに……!?
と、まるで色っぽくないシチュエーションから、恋に落ちる瞬間を鮮やかに切り取って見せるのは作者の得意技といってよいかもしれない。

本書には5編の短編が収録されているが、「炎のゆくえ」に描かれる恋も、じつにユニーク。
ヒロイン・果歩が、同級生の竹やんにときめいたのは小学5年生のとき。彼がうっかりパジャマで登校し、それでもじつにあっけらかんとしているさまに「なんて自由な人なんだろう!」と衝撃を受けるのだ。
竹やんは自由というよりもテキトーで、のちにいろんな女の子とつきあっては別れを繰り返すようになるのだが、そんな彼を丸ごと受けいれられる女になろうと、一途な想いを貫き通す果歩のほうもそうとうの変人!?

いや、恋する人はみな変人かもしれなくて……愛すべき変人たちをバリエーション豊かに描く安藤ゆきという作家、これからも要注目なのだ!



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『昏倒少女』 Amazonで購入
  • 『透明人間の恋』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2