このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『公式越境伝 福本ALLSTARS』第1巻 ちろ丸(著)福本伸行(協)【日刊マンガガイド】

2015/03/19


FukumotoALLSTARS_s01

『公式越境伝 福本ALLSTARS』第1巻
ちろ丸(著)福本伸行(協) 竹書房 \650+税
(2015年3月2日発売)


いや、もう『公式越境伝 福本ALLSTARS』のタイトルだけで、まさに「ざわ…」(福本作品でおなじみの擬音)じゃないだろうか!?
その数々の作品のキャラクターが物語の枠を超えて、同じ世界観に並び立つ……なんて、もはや松本零士や永井豪、水島新司の域だ。

そこにおいての福本伸行作品のオールスター。
ワクワクとドキドキに加えて、なんだか笑いも込み上げてきてしまうところもあるけれど、それもまさに福本作品の醍醐味で、この作品ならでは!

ゲームソフトメーカー・ニトロプラスのグラフィッカー・ゆーぽんによってかわいらしくデフォルメされた猛者たちが、同じ区域に一同に介して、フラフラ、グダグダ……。
そう、『福本 ALL STARS』は完全なパロディになっていて、福本作品のあの紙一重の緊張と笑いを、完全に笑いに転ばせた4コマ作品なのだ。

お見事なのが、「ざわ」=混沌の解釈! いや、たしかに福本オールスターズと聞いて、さらに実際にキャラクターたちが並んでいるのを見てこみ上げる「ざわ…」感は、えも言われぬ混沌からくるもの。
そして実際、その絵面とキャラクターたちのあり方もまさに混沌としていて!?

それぞれのキャラクターたちの特性と性格は残しながら、それを日常4コマにしているのが楽しい本作。
元ネタは知らなくても、この「ざわ…」感には、いろんな意味で心ざわつかされて、笑えてしまうんじゃないだろうか。
ちなみにタイトルでいえば、“公式越境伝”というのにもファンは「ざわ…」で、ニヤりだろう。
漢字で、しかも“~伝”。いかにも福本作品らしいタイトルのつけ方で、そちらにも遊び心ありだ。

キャラクターは出版社の垣根を越えて越境しているが、本作の掲載誌も同じで、竹書房内の4コマ誌や麻雀誌だけじゃなく、TL誌「恋愛パラダイス」やBL誌「麗人」にも掲載!
いや、これぞまさに混沌で、「ざわ…」だろう。



<文・渡辺水央>
マンガ・映画・アニメライター。編集を務める映画誌『ぴあMovie Special 2015 Spring』が3月14に発売に。映画『暗殺教室』パンフも手掛けています。

単行本情報

  • 『公式越境伝 福本ALLSTARS』… Amazonで購入
  • 『賭博破戒録 カイジ』第1巻 Amazonで購入
  • 『最強伝説 黒沢』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]