このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『わがままちえちゃん』 志村貴子 【日刊マンガガイド】

2015/04/23


WagamamaChiechan_s

『わがままちえちゃん』
志村貴子 KADOKAWA/エンターブレイン ¥680+税
(2015年3月25日発売)


中学校の入学式で「さほ」は「ちえ」という名の幽霊と出会う。ちえはさほの死んだ姉らしいのだけれど――。

ぐっとつかまれ、勢いで読んでいきたくなる始まりだが、しばらくすると「現実」だと思って読んでいた物語がひっくり返され、「あれ!?」と驚かされる展開に。
主人公の「ちえ」は、小説技法でいうところの「信頼できない語り手」だからだ。

ちえの夢や妄想と現実が交錯して描かれ、さらに実在する幽霊のさほも登場して、もうなにがなんだか!
説明は最小限のミニマムな物語なので、行間ならぬコマ間を想像しながら集中して読まないと、ついていけなくなってしまう。

妹への複雑な思いや、消えない罪の意識。家族への微妙な感情……。自分をもあざむいて、あれこれと形を変えて現れるちえのウソは、思春期のゆらぎや危なっかしさを、ひしひしと伝えてくる。
そして、わたしたちが信じている「現実」のあやふやさも。

ささっと読めてしまう漫画も多いなかで、さらりとしているのに濃密で、あとを引く一冊。「マンガ表現って幅広いな。マンガっておもしろいな」と、しみじみ思えること必至の作品であります。

あと、ちえが高校生になっておつきあいするやさしいまいちゃん、ちえと恋人同士だと思いこんでいた占い師の久保田さんら、ほかの登場人物もいい味出してる。



<文・かとうちあき>
人生をより低迷させる旅コミ誌『野宿野郎』の編集長(仮)。野宿が好きです。だらだらしながらマンガを読むのも好きです。

単行本情報

  • 『わがままちえちゃん』 Amazonで購入
  • 『放浪息子』第1巻 Amazonで購入
  • 『娘の家出』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2