このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『おはよう、いばら姫』第1巻 森野萌 【日刊マンガガイド】

2015/05/17


OhayouIbarahime_s01

『おはよう、いばら姫』第1巻
森野萌 講談社 \429+税
(2015年4月13日発売)


入院する母のかわりに、家事に育児(妹の世話)にと励む主人公・美郷哲。
クラスメイト相手にも宿題を見せては100円、髪を結っては100円と、やや守銭奴(?)のきらいはあるが、それも思うところあってのこと。
彼は家族思いで心優しい、ちょっぴり恐がりの高校生だ。

そんな哲が、なりゆきで“家政夫”のアルバイトをすることに。派遣先は、子どものころから知っている“丘の上のお化け屋敷”。
広い庭の奥にある小さな離れには、「奥様」からは近づかないように言われている……。

ある日、哲は“屋敷の窓からこちらをのぞく長い髪の少女”に遭遇。
いろいろあって家から出させてもらえないのは本当だと言うが、話してみれば快活でよく笑うキュートな女の子。

が!! 次に会ったとき、彼女の様子は豹変。どこか寂しげで無表情な別人になっていた……。
家から出られないというこの美少女が、多重人格? 彼女にいったいどんな秘密があるというのか?

ミステリアスなストーリー展開にも期待のかかるところながら、注目すべきはこれが初連載とは思えぬ著者の画力。
ヒロイン・空澤志津の同じ顔を、多様な表情に描き分け、読者を魅了する。
またそんな志津に、ある時は手をさしのべ、ある時は振りまわされる哲のキャラクターも、女子ウケ必至。

彼はこの先頼もしいヒーローとなるのか、それとも振りまわされて終わるのか?
しばらく哲と一緒に、志津との不思議な時間を過ごしてみようではないか!



<文・藤咲茂(東京03製作)>
美酒佳肴、マンガ、ガンダム、日本国と陸海空自衛隊をこよなく愛し、なんとなくそれらをメシのタネにふらふらと生きる編集ライター。

単行本情報

  • 『おはよう、いばら姫』第1巻 Amazonで購入
  • 『マイ・フェア・ネイバー』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]