このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

5月22日は歌手シャルル・アズナヴールの誕生日 『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』を読もう! 【きょうのマンガ】

2015/05/22


WakakiSUISEInoShouzou_s01

『機動戦士ガンダム C.D.A.若き彗星の肖像』第1巻
北爪宏幸 KADOKAWA \540+税


本日5月22日は、シャルル・アズナヴールの誕生日である。彼はフランスを代表するシャンソン歌手であり、また俳優としても『アイドルを探せ』など多くの映画に出演し……というよりも、日本のオタク的にはアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する、シャア・アズナブルの名前の由来になった人物として記憶されているだろう。

シャア・アズナブルの経歴としては、『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀0079年)ではジオン軍のエースパイロットとして登場し、一年戦争のさなか、主人公アムロ・レイと幾度も激しい戦いを繰り広げた。
その後、続編の『機動戦士Zガンダム』(宇宙世紀0087年)では、反地球連邦組織エゥーゴに属して主人公カミーユ・ビダンとともにグリプス戦役を戦った。
このように彼のキャリアをひもとくと、一年戦争終結(宇宙世紀0080年)から『Z』までの間に約7年間の空白期間が存在する。

その空白期間を題材とするマンガ作品が、北爪宏幸『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』だ。
一年戦争の最終局面であるア・バオア・クーの戦い、つまり『機動戦士ガンダム』のラスト(テレビ版第43話ではなく劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編』のこと)から物語がはじまる。
地球圏を離れたシャアは、ドズル・ザビ中将の妻ゼナと、その娘ミネバを守ってアクシズへと落ち延び、そこでハマーン・カーンと出会う。

ハマーンといえば、歴代ガンダム史上で「恥を知れ俗物」(CV:榊原良子)と罵られたい女性ナンバーワンのクールビューティーだが、本作『C.D.A.』に登場したハマーン様は、な、なんとツインテールにミニスカート、ニーソックスで絶対領域な、ロリ14歳なルックス! 当時、掲載誌「ガンダムエース」でその姿を見た多くのガンオタたちが、「これはハマーン様ではない! はにゃ~ん様だッ!」(意訳:これはこれでアリ!)と叫んだものである。
というか、『ガンダム』シリーズを通じてのシャアの女性遍歴から察するに、こういう娘でなければ深い仲にはならなかったはずだよな、と妙に合点がいったりするわけで……。

なにせ作者の北爪宏幸は、かつて『麗しのフォウ・ムラサメ』で「月刊ニュータイプ」の読者を大ハッスルさせた実績があるだけに、『C.D.A.』のはにゃ~ん様にも萌え狂うガンオタが続出。赤いロリコン男のことなんか、もうどうでもよいのです。
はにゃ~ん様以外にも、さまざまな女性キャラクターが登場するので、きっとアナタ好みもいるハズ。まさしくアナタにとっての「アイドルを探せ」状態だ。

ちなみに、宇宙世紀0079年以前のシャアの動向に関しては、今春劇場公開された『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』で描かれている。これは安彦良和によるマンガ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の「シャア・セイラ編」(9~10巻)をベースとしている。
この秋には劇場版続編の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』の公開がひかえているだけに、こちらもチェックしておきたいところだ。



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでのマンガ家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

単行本情報

  • 『機動戦士ガンダム C.D.A.若… Amazonで購入
  • 『機動戦士ガンダム C.D.A.若… Amazonで購入
  • 『機動戦士Zガンダム Define』… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]