このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

6月2日は横浜・カレー記念日 『カレーの王女さま』を読もう! 【きょうのマンガ】

2015/06/02


CURRYnoOUJOsama_s01

『カレーの王女さま』第1巻
仏さんじょ 芳文社 \819+税


2001年から2007年にかけて神奈川県の横浜にあった「横濱カレーミュージアム」を覚えておいでだろうか。
展示でカレーの歴史を勉強できたうえ、「どんりゅう庵」「船場カリー」など多数のカレー店を入れて、来館者の頭とおなかを満たすテーマパークだった。

その横濱カレーミュージアムが制定したのが「横浜・カレー記念日」だ。
横浜港の開港が1859年6月2日(旧暦)で、このときカレーが日本に伝わったという考えのもと、横浜とカレーを紐づけて設けられた。

国民食のひとつとなって久しいカレーは、昔からグルメを描くフィクションにもちょくちょく登場している。
マンガでいえば、麻薬スパイスで中毒が起こる伝説の「ブラックカレー」を描いた『包丁人味平』や、カレーがメイン題材の『華麗なる食卓』などが有名。
また、インド本来のスパイス料理と日本式カレーの違いを指摘した『美味しんぼ』「カレー勝負」編も当時は示唆深い内容だった。

ただ、上記はいずれも料理勝負の要素が強い。カレーを作る場面も食べる場面もある種の緊張感をともなっている。
そこで今回はあえて、肩の力を抜いてカレーに親しめるマンガをおすすめしてみたい。

タイトルは『カレーの王女さま』。カレー屋の看板娘・篠宮つかさと、南アジアの小国から留学してきたカレー至上主義の王女・ヴィクトリアのカレー探訪の日々を描いたコメディ4コマである。
ヴィッキー王女は野望を抱えている。それは自国民の食べものを日本式カレー一色に染め上げること。そのため、カレーについて見聞を深めようと来日したのだ。
姫は中学校でつかさそのほかを引きこみ“カレー部”を設立。横須賀の海軍ビーフカレー、金沢カレー、はては北海道のオホーツク流氷カレー(2巻)と、王道から変わり種まで全国のカレーを現地で食べまわる部活を謳歌していく。

劇中でとびだすカレー部員のあいさつ「乙カレー!」が必見。ポーズと勢いにつられて思わず真似したくなるインパクトがある。

王冠をつけたドレス姿の金髪お姫さまが山盛りのカレーライスにかぶりつく落差がまずおもしろいが、さらに、彼女がまるで酒が切れた人間のように“カレーが切れる”と凶暴化する設定が笑いを誘う。
「今よりカレー税の徴収を行う!! ただちに手持ちのカレーを差し出すがよい!!」「逆らえばハヤシの海に沈めるぞ!!」と迷台詞でおどしてくるシーンが愉快に強烈だ。

カレーのように親しみやすく、カレーのように刺激的な『カレーの王女さま』。
記念日にあわせて、カレーを食べながら読んでみるのはいかがでしょうか。



<文・宮本直毅>
ライター。アニメや漫画、あと成人向けゲームについて寄稿する機会が多いです。著書にアダルトゲーム30年の歴史をまとめた『エロゲー文化研究概論』(総合科学出版)。『プリキュア』はSS、フレッシュ、ドキドキを愛好。
Twitter:@miyamo_7

単行本情報

  • 『カレーの王女さま』第1巻 Amazonで購入
  • 『カレーの王女さま』第2巻 Amazonで購入
  • 『華麗なる食卓』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]