このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

7月5日はビキニスタイルの日 『うる星やつら』を読もう! 【きょうのマンガ】

2015/07/05


uruseiyatsura_s01

『新装版 うる星やつら』第1巻
高橋留美子 小学館 \390+税


本日7月5日は、なんとビキニ水着の記念日!
1946年、フランスの自動車エンジニアで下着専門店の経営も手伝っていたルイ・レアールが、「世界最小の水着」を考案。同年7月1日にアメリカがビキニ環礁で行った核実験の破壊的威力にちなんで、この「世界最小の水着」は「ビキニ」と命名されて売り出されることとなった。その発売日が7月5日だ。

マンガにはビキニが印象的なキャラクターが多いが、その代名詞と言えるのが、虎縞模様の水着でおなじみの『うる星やつら』(高橋留美子)のラムだろう。
ラムは、鬼族の宇宙人の娘。その鬼族が地球侵略を仕掛けて行った「鬼ごっこ」で、地球代表として出場した高校生・諸星あたるに惚れてしまい、諸星家に居候をすることに。
しかしあたるはオンナ好きの浮気者。ラムはそんなあたるを想いながら、嫉妬深さも発揮することになって!?

そんな一面もコミで、キュートな女の子キャラクターの代表ともなっているラム。
モデルになっているのは、当時ビキニスタイルで人気を博したアグムス・ラムだ。
またその扮装の模様が虎柄なのは、鬼=虎パンツから来ていることは間違いないが、よく知られているとおり、著者の高橋留美子は大の阪神タイガースファン。

あたるに対するラムの愛以上に、タイガースに対する著者の愛も負けていないという話なのかも!?



<文・渡辺水央>
マンガ・映画・アニメライター。編集を務める映画誌『ぴあMovie Special 2015 Spring』が3月14に発売に。映画『暗殺教室』パンフも手掛けています。

単行本情報

  • 『新装版 うる星やつら』第1巻 Amazonで購入
  • 『新装版 うる星やつら』第34巻 Amazonで購入
  • 『境界のRINNE』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]