このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

8月14日はエンツォ・フェラーリの命日 「エキゾチカ」を読もう! 【きょうのマンガ】

2015/08/14


shamanking_s27

『シャーマンキング』第27巻
武井宏之 集英社 ¥390+税


8月14日はイタリアの名門自動車会社・フェラーリの創設者であるエンツォ・フェラーリの命日だ。自動車会社にさほど詳しくないマンガ愛好家の方でも、「秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場する中川圭一の愛車」といえば、ピンとくるかもしれない。

レーシングドライバーだったエンツォは1929年に「スクーデリア・フェラーリ」というアルファ・ロメオのセミ・ワークスレーシングチームを設立。
自身がレーサーとして引退した後もワークスチームのマネージャーや販売代理店などでアルファ・ロメオと関わり続けるものの、経営陣との衝突によりアルファ・ロメオを去ることになり、工作機械業を開始する。

1947年についに自動車会社フェラーリを設立し、モータースポーツ業界への参入資金を集めるべく高級スポーツカーの販売を始めると、F1などの著名なカーレースでスクーデリア・フェラーリが活躍したことも相まって、またたく間にフェラーリを一流ブランドへと押し上げていった。
フェラーリは現在もスーパーカーの代名詞として象徴的存在となっており、マンガ作品でもたびたび取り上げられている。

数多あるフェラーリ登場作品のなかでも、本日注目したいマンガは武井宏之「エキゾチカ」である。
『シャーマンキング』第27巻(集英社)に収録された短編である本作品は、エンツォの名前を冠したフェラーリ「エンツォ・フェラーリ」が登場。主人公が乗る「ランボルギーニ・カウンタックLP400」と首都高 (!)にて壮絶なカーレースを繰り広げるという内容だ。

武井氏はみずからもフェラーリを所有するほどの自動車愛好家としても知られ、レースシーンの迫力は折り紙つきと言える。
また、近年には名作カーホビーマンガ『ダッシュ!四駆郎』(徳田ザウルス、2006年逝去)の正当続編である『ハイパーダッシュ!四駆郎』の連載をスタート。こちらはいわゆる自動車マンガとは少々趣が異なるものの、著者の変わらぬ「車」愛を感じることができるだろう。



<文・一ノ瀬謹和>
涼しい部屋での読書を何よりも好む、もやし系ライター。マンガ以外では特撮ヒーロー関連の書籍で執筆することも。好きな怪獣戦艦はキングジョーグ。

単行本情報

  • 『シャーマンキング』第27巻 Amazonで購入
  • 『こちら葛飾区亀有公園前派出… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]