このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ひもうと!うまるちゃんS』第1巻 サンカクヘッド 【日刊マンガガイド】

2015/09/17


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー! 今回紹介するのは『ひもうと!うまるちゃんS』。

himoutoUMARUchanS_s01

『ひもうと!うまるちゃんS』第1巻
サンカクヘッド 集英社 ¥514+税
(2015年8月19日発売)


現在アニメ放映中『干物妹!うまるちゃん』は、ふだん学校では超絶優等生な女子高生(美妹=びもうと)のうまるが、家に帰ってくると一気にだらしなくなり、食う寝る遊ぶの干物妹(ひもうと)になる、というギャグマンガ。
お兄ちゃんのタイヘイに甘えたり怒られたり、友だちと一緒に遊んだり。のんべんだらり癒し系コメディ。
本作は、そのスピンオフとして描かれた作品だ。

本編ではお兄ちゃんとうまるの日々が多く描かれる。しかしこちらにはほとんどお兄ちゃんは出てこない。
うまるは気を抜いて家でだらだらしているとき、二頭身になってハムスター毛布にくるまる特徴がある。このスピンオフでは友だちの3人、秋田出身の優しい少女菜々、超絶人見知りでうまるを師匠と仰ぐ切絵、うまるをライバル視するシルフィンも二頭身サイズになっている。

現実の青春を送る本編とうってかわって、タイムマシンに乗ったり、中身が入れ替わったり、RPG世界に飛びこんだりと、好き勝手やり放題。
どこを開いても、ちっちゃいキャラだらけ。本編のストーリーとほとんど関係ないので、ゆるキャラギャグマンガとして単体で読める出来になっている。

『うまるちゃん』本編の魅力のひとつは、兄側の視点にたって、わがままな妹をかわいがる部分。
もし本編が「小動物のような存在を大切にかわいがる」だとしたら、スピンオフは「小動物たちが戯れるのを眺める」に近い。

さてこの本では、他にも漫画家がアンソロジー参加している。
『パープル式部』のフォビドゥン澁川は、皆がうまるちゃんを描いているなか、ひとり「マンガでうまるちゃんを読むのが大好きなおじさん」を執筆。

どんなに憧れても、うまるちゃんの真似はしきれない。
だらだらするのにも「若さ」が必要なのだ……。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『ひもうと!うまるちゃんS』… Amazonで購入
  • 『干物妹!うまるちゃん』第1巻 Amazonで購入
  • 『荒くれネバーランド』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]