このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ショパンの事件譜』第1巻 北原雅紀(作)あおきてつお(画) 【日刊マンガガイド】

2015/09/22


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは『ショパンの事件譜』


CHOPINnoJikenfu_s01

『ショパンの事件譜』第1巻
北原雅紀(作)あおきてつお(画) 小学館 ¥552+税
(2015年8月28日発売)


奏初範(かなで・はつのり)。
その名前から「ショパン(初範)」と呼ばれる彼は、東京・谷中にあるアナログレコード全般を扱う「奏音楽堂」の店主だ。
そして彼は、その知識と推理力で、レコードにまつわる様々な謎を解き明かしていく――。

『真夜中のこじか』のコンビが今回世に送り出したのは、レコードをめぐる音楽ミステリーだ。
ある時はモーツァルトの幻のレコード、ある時はプレスリーの稀少盤。
扱っている題材を調べてみると、実際の逸話に基づいてのアイディアがほとんどで、そのリアルさがドラマをさらに盛り立てている。

ヒロインとなるのは小川恵。
名曲喫茶「ドビュッシー」のマスター、土橋(この名字ゆえにドビュッシー、だそうだ)からはバッハちゃんと呼ばれることも。クラシック音楽通ならご存じの通り、バッハとはドイツ語で「小川」の意味を持つからだ。

そんな小ネタも楽しいこの作品は、背景までていねいに描きこまれた誠実な絵柄で、谷中の穏やかな空気も味わえる。
アナログレコードには深みと安らぎのある音で人を引きこむ性質があるが、このマンガもよく似ているのかもしれない。

さて、物語はまだ始まったばかり。
鮮やかに謎を解いていく初範だが、どうやら彼の才能はそれだけではないらしい。
結構なワケあり感のあるエピソードがそこここに見え隠れしていて、じつに興味をそそる。
初範がこの先どんな謎解きをするのか、そして彼自身にまつわる謎の正体とは何か――楽しみに見守りたいところだ。



<文・山王さくらこ>
ゲームシナリオなど女性向けのライティングやってます。思考回路は基本的に乙女系&スピ系。
相方と情報発信ブログ始めました。主にクラシックやバレエ担当。
ブログ「この青はきみの青」

単行本情報

  • 『ショパンの事件譜』第1巻 Amazonで購入
  • 『真夜中のこじか』第1巻 Amazonで購入
  • 『こんぺいとう ~おいね診療… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]