このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

10月29日はオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の初演日 『ドン・ジョヴァンニ』を読もう! 【きょうのマンガ】

2015/10/29


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

10月29日はオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の初演日。本日読むべきマンガは……。


DonGiovanni_s

『福山庸治選集4 ドン・ジョヴァンニ』
福山庸治 講談社 ¥500+税


1787年の今日10月29日、モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』が、プラハでモーツァルト自身による指揮で初演された。

ドン・ジョヴァンニとは、スペインの伝説的なプレイボーイ、ドン・ファンのイタリア語読み。
数え切れないほどの女性遍歴を持つドン・ジョヴァンニを主役に、美しい楽曲と印象的なアリアでつづられるオペラ・ブッファで、悲喜劇の要素を持つ人気の作品だ。

名作と名高いこのオペラを、漫画家・福山庸治が1991年に「モーツァルト没後200年御免連載」と銘打って描いたのが本作である。
物語の舞台をイタリアから日本に移し、従者も人間ではなくロボットにしたり、女性のはずの登場人物を男色相手の若衆にしたりと、様々なアレンジを加えてさらに奥深いエンターテイメントに仕上がっている。

画法としても版画や浮世絵を意識したもので、イラストレーションとしての完成度も高い。
仮面の登場人物には能面、ベッドシーンは春画。
それでいて従者レポレッロはロボットというSF調、また原作オペラの場面も取り入れられたりと、おもしろい趣向が凝らされたなんとも不思議な世界観だ。

もっとも興味深いのはラストシーン。原作とはまた違う展開で、これぞピカレスク・ロマン。
モーツァルトの性格を考えると、このマンガに手を打って喜ぶのではないかとさえ感じる。

オペラを知っている方がより楽しめることは間違いないが、マンガを読んでオペラを見るのもまた一興。
本作を片手に、まずは有名な第一幕の「カタログの歌」などを聴いてみてはいかが?
各国でドン・ジョヴァンニが手がけた女たちのカタログについて、従者のレポレッロが歌い上げる名アリア。
原作オペラではフランスのところが、マンガでは「尾張国」、スペインは「花のお江戸」となっているあたりもぜひ注目を。



<文・山王さくらこ>
ゲームシナリオなど女性向けのライティングやってます。思考回路は基本的に乙女系&スピ系。
相方と情報発信ブログ始めました。主にクラシックやバレエ担当。
ブログ「この青はきみの青」

単行本情報

  • 『福山庸治選集4 ドン・ジョヴ… Amazonで購入
  • 『マドモアゼル・モーツァルト』 Amazonで購入
  • 『うろしま物語』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]