このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

2月3日は神社本庁設立記念日 『神主さんと僕の彼女』を読もう! 【きょうのマンガ】

2016/02/03


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

2月3日は神社本庁設立記念日。本日読むべきマンガは……。


KannushisantoBokunoKanojo_s

『神主さんと僕の彼女』
ふみふみこ 集英社 ¥460+税


2月3日は、神社本庁設立記念日。
終戦間もない1946年のこの日、日本全国のほとんどの神社を包括する宗教法人・神社本庁が発足した。全国約8万社の神社をまとめ、隆盛をはかることが主な目的だ。
しかし、8万社とはなかなかの数字。考えてみれば、神社という場所は宗教に関係なく私たちの生活に思いのほか根づいている。

本作の主人公は、神社のひとり娘・いさ子。神社の跡継ぎ候補としてやって来た雲居遙クンは、じつは幼なじみ。
まだ恋も知らないいさ子だが、すっかりイケメンになった彼と同居することになってうろたえてしまう……。

遙のほうは、そんないさ子にはおかまいなしに距離をつめてくる。
かわいいキャラ弁を作ったり、門限にやかましかったりするその世話焼きっぷりは保護者じみているのだけど。

臆面もなく好意を表す遙に、いさ子はとまどい気味。
一方、突然のライバル出現に、いさ子を好きな“男の娘”な巫女さんもイライラ!?

ふみふみこ、初の本格少女マンガはほんわりやさしくも、登場人物たちがそれぞれに自分の内面に向かいあう姿が印象的だ。

『女の穴』『恋につきもの』、そして『さきくさの咲く頃』にも登場するチビハゲデブのかわいいおっさん・村田さんがチョイ役で出演しているのも、ファンにはたまらない隠れた見どころである。



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
ブログ「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『神主さんと僕の彼女』 Amazonで購入
  • 『恋につきもの』 Amazonで購入
  • 『さきくさの咲く頃』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2