このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【日刊マンガガイド】『げんしけん 二代目』第16巻 木尾士目

2014/07/06


genshiken2_s16

『げんしけん 二代目』第16巻
木尾士目 講談社 \648
(2014年6月23日発売)


「このマンガがすごい!WEB」の5月発表ランキング「オンナ編」で1位となった『Spotted Flower』は、同作者の代表作『げんしけん』のキャラクターである、オタク男子の斑目と今どき非ヲタ女子の咲ちゃん……を想像させる夫婦の、妊娠を描いたマンガだった。

『げんしけん』の正式な続編である、本作『げんしけん 二代目』では、すでに斑目がバッサリと咲ちゃんにフられている。ありえない世界でのオタク男子の恋愛事情は、もうおもしろいやら痛いやら。

オタクは男女問わず、リアル恋愛沙汰に滅法弱い。 男子だらけの初代『げんしけん』では、女子側の心の問題をトラウマ持ちの荻上千佳というキャラを通じて描いた。
そして女子だらけの『二代目』では、一番恋愛から遠そうだった斑目を通じて、「モテ期」の襲来でパニックになった男子の心情を描いている。

最新巻(『二代目』から数えると第7巻、初代『げんしけん』から数えると16巻)は、あけっぴろげなアンジェラ、見た目子供のオタク女子スー、非オタクギャルの恵子、女装少年の波戸という、斑目モテモテ状態がついに開花。
しかし、現実的には波戸は男で斑目はノンケだとか、波戸に気がある部員の矢島が涙を流したりとか、ありえないと言っていた恵子がアンジェラに牽制をかけたりとか、このままだとサークル崩壊寸前!

ファンタジーな大学ほのぼのサークル模様と、生々しすぎる人間関係が作中で両立できているのは、空気を読んで先回りして行動する女性部点・吉武のおかげ。
彼女がいるからこそ、安心して次巻が期待できる。

ちなみに筆者は恵子×斑目派。斑目はウケな。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
たまごまごごはん

単行本情報

  • 『げんしけん二代目の七』第16巻 Amazonで購入
  • 『げんしけん二代目の七』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2