このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『山岸凉子スペシャルセレクション15 青青の時代』 山岸凉子 【日刊マンガガイド】

2016/05/18


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『青青の時代』


aonojidai_s01

『山岸凉子スペシャルセレクション15 青青の時代』
山岸凉子 潮出版社 ¥1,200+税
(2016年4月20日発売)


山岸凉子の短編作品を中心に編まれた、スペシャルセレクションの第15弾は、日本の歴史の最大のミステリー、邪馬台国と卑弥呼をモチーフにした物語。

南の島で村人から厄介者扱いをされながら暮らす、少女・壱与(イヨ)と気のふれた、ばばさま。
じつは、ばばさまは大和(ヤマタイ)連合の盟主・伊都国の「聞こえさま」である日女子(ヒミコ)の姉、日女(ヒルメ)であったことから、壱与は大和の運命を左右する戦乱に巻きこまれる。

神の声を聞いたり、この世ならざるものが見えたり、特殊な能力を持つ「幻視者」が、その能力と引き換えに何かを犠牲にしたり、権力を得たり、特殊な運命をたどる――という設定は、山岸作品の定番であり、超能力と愛と権力の数奇なる関係に、改めて思いをめぐらせてしまう。

中国にわずかな文献が残るだけの日本の創世記の描写は、どれもこれもいちいち興味深く、考古学~オカルトマニア的にもたまらない。
クロオトコ(墓堀人)の鮪(シビ)、王座を狙う狗智日子(クチヒコ)など、登場人物もそれぞれ魅力的で、『日出処の天子』には及ばずとも、著者の歴史ものを愛する人なら必読の倭国ロマンだ。



<文・井口啓子>
ライター。月刊「ミーツリージョナル」(京阪神エルマガジン社)にて「おんな漫遊記」連載中。「音楽マンガガイドブック」(DU BOOKS)寄稿、リトルマガジン「上村一夫 愛の世界」編集発行。
Twitter:@superpop69

単行本情報

  • 『言霊』 Amazonで購入
  • 『レベレーション(啓示)』第… Amazonで購入
  • 『萩尾望都作品集 新装版 な… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]