このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『夢喰い探偵―宇都宮アイリの帰還―』第2巻 義元ゆういち 【日刊マンガガイド】

2016/06/08


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『夢喰い探偵―宇都宮アイリの帰還―』


yumekuitanteiutsunomiyaairinokikan_s02

『夢喰い探偵―宇都宮アイリの帰還―』第2巻
義元ゆういち 講談社 ¥400+税
(2016年5月17日発売)


町の本屋「くにや書房」の少年・国谷一力(くにや・いちりき)は、長期入院をする“アイリ”と呼ばれる少女と友だちになる。一力は、ミステリ小説好きな彼女を「病気を治して、なろうぜ探偵に!」と元気づける。
それに対してアイリは、「うん! なろう“名探偵”!! キミが助手だ。ワトソンだ!」と答える。

それから数年後、高校2年生になった一力のクラスに、ひとりの転校生が現れる。宇都宮アイリと名乗った美少女は、一力に「助手になれ」と命令する。彼女は、約束どおり“名探偵”になったというのだ……というのが、学園ミステリコミック『夢喰い探偵―宇都宮アイリの帰還―』である。

第2巻では、学校の掲示板にアイドルのポスターが貼られた(「夏への扉」)、霊が出ると噂の館に乗りこんだら、隣家に幽霊が出現した(「男鹿邸事件」)、文化祭の映画の撮影に必要なマネキンが、頭部が持ち去られてバイクにまたがった状態で発見された(「金田一耕助VSエラリー・クイーン」)という3つの“事件”にアイリと一力が挑む。

“事件”といっても、殺人が起きるわけではない。高校生が遭遇してもおかしくない“トラブル”といってよいレベルのものである。しかし、犯人特定のための論理や、伏線が巧みに盛りこまれたプロットは、本格ミステリ好きをうならせることうけあいだ。また「男鹿邸事件」の密室トリックは、有名作品の応用版だが、大胆でかつマンガ的に見栄えがするもので楽しめる。

アイリは、病を克服したといいながらも、推理をめぐらせると倒れてしまう(この危うさも魅力である)。倒れた際に、それまでに見聞きした内容が、頭のなかで“走馬灯”のように駆けめぐって、事件の真相にたどりつくのである。
真相を見抜いたアイリは「なろうか 名探偵に!」と口にする。
こうした決めゼリフは、金田一少年をはじめ様々な名探偵が持っていたものだ。そうした意味で、名探偵が登場するミステリマンガの正統派の後継者といえよう。

第2巻では、アイリに大きな影響を与えた黒澤真梨亜という少女の存在や(アイリは彼女を「先生」と呼ぶ)、タイトルの「夢喰い探偵」の意味も明らかになる。個々の謎解きもさることながら、こういったアイリ自身の謎も気になるシリーズで、10月発売の第3巻が今から待ち遠しいところである。



<文・廣澤吉泰>
ミステリマンガ研究家。「2016本格ミステリ・ベスト10」(原書房)で国内本格ミステリ座談会とミステリコミックの年間総括記事等を担当。また現在発売中の、「ミステリマガジン」5月号(早川書房)でミステリコミックレビューを担当。

単行本情報

  • 『夢喰い探偵―宇都宮アイリの… Amazonで購入
  • 『夢喰い探偵―宇都宮アイリの… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]