このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【きょうのマンガ】7月22日は「壬申の乱・瀬田川の戦い」の日! おすすめするのは……

2014/07/22


TENJOUnoNIJI_s22

『天上の虹』第22巻
里中満智子 講談社 495+税


672年の7月22日は壬申の乱・瀬田川の戦いがあった日だ。
壬申の乱とは、大化の改新の中心人物であった天智天皇亡きあと、天智天皇の弟・大海人皇子(おおあまのみこ)と天智天皇の息子・大友皇子(おおとものみこ)の間で起こった皇位継承をめぐっての一連の戦いである。
瀬田川は壬申の乱、最終決戦の場所。この日の戦いで大海人皇子軍は勝利を決め、大友皇子は翌日自害するのだ。

里中満智子『天上の虹』は、大海人皇子(天武天皇)の妻であり、のちに自らが持統天皇として国政をつかさどる讃良皇女(さららのひめみこ)を主人公とした歴史ロマン。讃良が天智天皇の娘として誕生した少女時代からの波乱の人生を、史実に忠実に描いた大作である。
大海人皇子に嫁ぎ、壬申の乱を経て天皇の妻となり、夫亡きあとは女帝となって近代国家形成のために活躍する。

2013年に刊行された22巻は、4年ぶりの新刊。すでに皇位を退いてはいるが、病魔に冒されながらも上皇として手腕をふるう晩年の讃良が描かれる。
父が手がけた戸籍制度を完成させ、夫とともに法律を整えた讃良は、最後の大仕事、遣唐使派遣を急ぐ。反対意見を押し切ってこれを推し進めたのは、かつて唐の脅威を感じたためであり、讃良の頭のなかは「唐と戦わずにいかに国を守るか」という責務でいっぱいなのである。

里中満智子は本作以外でも読みごたえある歴史マンガを生み出しているが、綿密な文献研究にもとづく内容はもちろん、登場人物たちの心のうちが丹念に描写され、歴史好きならずとも引きこまれること間違いなしだ。

執筆開始から30年……ファンをやきもきさせてきた大河ロマンは次巻で完結する模様だ。本巻のあとがきには「このまま一気に描き上げて最終巻は素早く出します」とあるので信じて待つのみ! 
まさにいろいろな意味で今が読みどきの作品、ぜひご一読を。



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『天上の虹』第22巻 Amazonで購入
  • 『天上の虹』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2