このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」の日 『さんすくみ』を読もう! 【きょうのマンガ】

2016/06/30


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

6月30日は夏越の祓(なごしのはらえ)の日。本日読むべきマンガは……。


sansukumi_s02

『さんすくみ』第2巻
絹田村子 小学館 ¥400+税


6月晦日、1年の折り返し日となる今日は、この半年の穢れを祓う夏越の祓(なごしのはらえ)という儀式が行われる日だ。
神道では半年に一度ある行事で、6月は夏越の祓、12月は年越しの祓などと呼ばれる。
夏越の祓では特に「茅の輪くぐり」が有名で、神社の境内にある茅(ちがや)でつくった大きな輪をご覧になったことがある方も多いだろう。
この茅の輪をくぐることで病と穢れを落とし、次の半年を無事に過ごせるよう祈願するものだ。

さて、今日ご紹介する『さんすくみ』は、同じ町内に住む神社・仏閣・教会の息子たち3人を主役にしたコメディである。

神社の息子・恭太郎、寺の息子・孝仁、教会の息子・工(たくみ)。
宗教は違えども、息はぴったりの仲よしたち。
しかし常に様々な事件を呼びこんでしまうという、かなりトラブルメーカーのきらいもある3人組なのだ。

そして第12話の夏越の祓の回でも、恭太郎を始め、3人ともがこのイベントに携わり、期待を裏切らずあれこれと大騒ぎを繰り広げてくれる。

夏越の神事のために奔走する恭太郎。
途中で孝仁に会うが、孝仁はなぜか続けざまにハプニングに見舞われてしまう。

一方、恭太郎の家である永室神社では、工が茅の輪づくりの手伝い中。
神社に戻った恭太郎と孝仁も、工といっしょに茅の輪の準備を手伝わされる始末。
ぐったりする3人。その間にも、まるで呪われてでもいるかのように孝仁のトラブルは続く。
恭太郎は、夏越の祓のために用意してあった「人形(ひとがた)」を、孝仁の災厄祓いに使おうと思い立つが――。

そして案の定、災いを祓うどころか、3人がどんどん厄介事に巻きこまれていくのはもはやお約束。
彼らの災難を笑いつつも、しっかりと神道・仏教・キリスト教の豆知識まで身についてしまうお得な(?)1冊だ。
たとえばお寺のお彼岸、教会の聖餐(せいさん)式など、それぞれの行事にちなんだネタは、笑うと同時にいろいろと感心してしまうこと間違いなし。

とりあえず今日は、お近くの神社(産土様や氏神様ならなおよし)で茅の輪をくぐってみてはいかがだろうか。 また「きょうのマンガ」をご覧になった方、くれぐれも人形の使い方を間違わないように……。



<文・山王さくらこ>
ゲームシナリオなど女性向けのライティングやってます。思考回路は基本的に乙女系&スピ系。
相方と情報発信ブログ始めました。主にクラシックやバレエ担当。
ブログ「この青はきみの青」

単行本情報

  • 『さんすくみ』第1巻 Amazonで購入
  • 『重要参考人探偵』第1巻 Amazonで購入
  • 『花食う乙女』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]