このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『さよならノクターン』 第2巻 永瀬ようすけ 【日刊マンガガイド】

2016/09/07


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『さよならノクターン』


sayonaraNOCTURN_s02

『さよならノクターン』第2巻
永瀬ようすけ KADOKAWA ¥580+税
(2016年8月4日発売)


中学最後の夏休みというのは特別だ。
義務教育も終わりの年、ぼんやりしてはいられない現実を緩やかに突きつけられる。受験に備えて勉強に励むか、あるいはそのフリさえしていれば親もうるさいことはいわない、「情状酌量」されている状態は生ぬるく、思春期まっさかりの心をむずむずさせる。

今は廃墟となっているラブホテル「ノクターン」で時間をつぶすようになったジュンは、同じく居場所を求めてここにたどりついた4人の仲間と出会う。
偶然にも全員が中学3年生。気楽な関係を保つため、お互いにフルネームさえ教えず、“日常”では出会っても知らないふりを装うのがこのグループのルールだ。

夜な夜な集ううち、ひょんなことから人命救助した5人は、正体を明かさずによいことをして世間を騒がせるゲームに興じ始める。
しかし、夏休みに入り――より大きな刺激を求める5人は逃走中の銀行強盗犯をつかまえようとするが、犯人に反撃され、勢いあまって殺してしまう。

ちょっとした“秘密の遊び”が思わぬ事態に急転。5人は殺害を隠しとおすことを決めるが、5人それぞれの個人的な事情や感情が、小さなほころびを作りだしていくのだ。

たいへんなことをしでかしてしまった後悔と、ヤケクソな万能感が彼らをますますヤバい方向へと暴走させる!
大人でも子どもでもない年頃ゆえの傲慢さ、あまりに刹那的な行動が胸苦しくなるようなサスペンス・ストーリーだ。



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
ブログ「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『さよならノクターン』第1巻 Amazonで購入
  • 『さよならノクターン』第2巻 Amazonで購入
  • 『生まれる価値のなかった自分… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]