このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『彼女と彼女の猫』 新海誠(作) 山口つばさ(画) 【日刊マンガガイド】

2016/09/21


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『彼女と彼女の猫』


kanojotokanojononeko_

『彼女と彼女の猫』
新海誠(作) 山口つばさ(画) 講談社 ¥600+税
(2016年8月23日発売)


チョビ――これが彼女の猫の名前だ。
チョビは彼女が好きだ。
だから彼が見つめる彼女はいつも美しく、みずみずしく、優しく、そして痛々しい。

春に拾われたチョビ。
その日からひとりと1匹の暮らしが始まり、チョビの目線を通じて、彼女との日常が紡がれていく。
社会人1年生として、一生懸命毎日の仕事に生きる彼女。
しかしときどきどうしようもなく息が詰まり、チョビはそんな彼女をただじっと見つめて――。

数々の名作アニメーションを生みだし、現在も映画『君の名は。』が大人気の新海誠監督。
彼の自主制作時代のデビュー作をもとに、この作品は生みだされた。
ちなみに本編はYouTubeにアップされているので、未見の方はこちらをどうぞ。 なおテレビアニメ版として放映されたオリジナルのショートアニメもあり、そちらの登場人物がマンガにも登場し、世界観をふくらませることにひと役かっている。

原作アニメーションはモノクロで、しかし不思議なくらい色彩を感じさせる印象的な作品だ。
そしてこのマンガもまた、それを彷彿させる質感と描写力にあふれている。
部屋着のキャミソール、湯上がりの髪、ポニーテールのシュシュ……魅力的な彼女。
脱ぎ散らかされた靴、複数のドリンク剤の空き瓶、床に倒れた椅子……胸に刺さる、日常の風景たち。
どんな小さなコマでさえ心の奥まで届く、訴求力の強い画面構成。
ゆっくりと過ぎていく猫と彼女の時間のように、ページを静かに、大切にめくりたくなる。
そんな1冊だ。



<文・山王さくらこ>
ゲームシナリオなど女性向けのライティングやってます。思考回路は基本的に乙女系&スピ系。
相方と情報発信ブログ始めました。主にクラシックやバレエ担当。
ブログ「この青はきみの青」

単行本情報

  • 『彼女と彼女の猫』 Amazonで購入
  • 『君の名は。』 第1巻 Amazonで購入
  • 『君の名は。 Another Side:Ea… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]