このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【日刊マンガガイド】『ああっ女神さまっ』第48巻 藤島康介

2014/08/05


aaMEGAMISAMA_s48

『ああっ女神さまっ』第48巻
藤島康介 講談社 \524+税
(2014年7月23日発売)


ベルダンディー、ウルド、スクルドなどなど、北欧神話に登場する神々や魔族と人間がおりなす、全世界の日本マンガファンに支持されてきた大長編ラブコメディが、連載開始から25年の月日を経て完結。
最終48巻では、様々な試練(?)を乗り越えた主人公・螢一と女神ベルダンディーの2人が、ついに結ばれる。

上記のとおり、本作は基本、ラブコメマンガだ。
しかし途中で、学園青春ものやバイクマンガと呼べる展開になったこともある。長い年月のあいだに、多くの人物と出来事を並行して描いた群像劇としても読むことができる。
また、その物語も、ガッチリとしたSF的な展開を見せることもあれば、完全なファンタジーバトルに振り切ることもあり、本作をひとことで説明するのは難しい。全48巻の単行本も、「○○編」と区切って読んだほうがわかりやすいだろう。

これは、25年という歳月のなかで、時代の激しい移り変わりとともに作品が成長してきた証。
『ああっ女神さまっ』は、小物や舞台背景、女神スクルドの科学力と現実世界の科学のリンク、それぞれの時代に好まれるネタなどを、消化・吸収してきた作品なのだ。

そのなかで唯一変わらなかったのは、世界を揺るがすたいへんな事態もさらっと流す軽いノリと、ベルダンディーと螢一の揺るぎない愛。
最終48巻は、その集大成となっており、まるまる1冊、2人が結ばれるまでの様子のみにしぼって描かれている。
特に、ラストで単行本第1巻の最初の会話を持ってきているのは、作品とともに25年の年月を過ごしてきた読者にとって、グッとくるものがあるだろう。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『ああっ女神さまっ』第48巻 Amazonで購入
  • 『ああっ女神さまっ』第1巻 Amazonで購入
  • 新装版『逮捕しちゃうぞ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]