このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『けもっ娘どーぶつえん!』 第1巻 めぷちん☆ 【日刊マンガガイド】

2016/12/12


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『けもっ娘どーぶつえん!』


kemokkodoubutsuen_s01

『けもっ娘どーぶつえん!』 第1巻
めぷちん☆ 秋田書店 ¥562+税
(2016年11月18日発売)


舞台は、とある動物園。
飼育員の青年、種田くんは焦っていた。

彼が働く動物園は現在、存続の危機まっただなか。
施設で暮らす様々な種類の動物たちのうち、オスばかり事故や病気による不幸が続き、見た目が地味なメスだけ残ってしまったのだ。

赤字続きのせいで新しいオスの仕入れは難しい。
目玉になる動物がいなければ、客足は鈍る。
人が減れば、さびれた雰囲気でますます人が寄りつかず、赤字がふくらむ。悪循環だ。

そんなある日、職場のトップである園長が種田くんへ声をかけてきた。
メガネに白衣の年上巨乳美女、そのうえいつも怪しい研究をしているマッドサイエンティストという設定もりもりな園長さんが説明した打開策とは?

「種田くんにはこの動物園のメス達の為の種馬になってもらいます」

なんと園長さん、長年の研究によって、動物園にいる動物たちを夜のあいだだけ人間体の女の子にすることを可能としたらしい。

さあ交配せよ、種田くん!
夜な夜な擬人化ケモノ娘たちとエッチしまくって、貴重な赤ちゃん動物を授けるのだ!
種の保存が、そして動物園の経営立て直しの希望が、きみの子種にかかっている!! ……という舞台仕立てで、いろんな「けもっ娘」とのエッチを描いたアダルトコメディ作品である。

動物ヒロインたちは、身体こそ人間と交配可能な肉体になりつつも、性愛のあり方はきっちりもとの動物の性質を持ち越している点がおもしろい。

自分で相手を選ばないと繁殖の確率が低くなってしまうパンダ娘のお見合い事情。
長期記憶に優れているためお世話をする人に絶大な信頼を寄せるウマ娘の一途さ。
種田くんの血の味を覚えてしまったクマ娘が食欲と発情を混濁させてせまってくるヤンデレぶり。
仲間意識の強いゾウらしく、つがいのオスを亡くして気落ちしている未亡人アフリカゾウの情け深さ、などなど。

種田くんは動物想いの好青年なので、毎回なるべく彼女たちの生態や習性を尊重して、相手に最適なかたちで“交尾”におよぶ。
つまり本作における擬人化は、動物を人間のエッチの具とするためではなく、動物を主として人間がそれに合わせられるようにするためのチャンネルなのである。

世界にはいろんな動物がいて、種族それぞれにいろんな求め方がある。
人間という生き物の情欲も、動物世界にたくさんあるなかの一種類にすぎず、また人間一種のなかでも人それぞれ多種多様な愛し方がある。

『けもっ娘どーぶつえん!』は、明るく楽しくエロいコメディの裏地にそういう奥行きを感じさせる作品だ。
ぜひみなさんも、石鹸と同じ成分がふくまれる汗を大量にかくウマ娘のぬるぬるプレイを眺めながら、大自然にあふれるエロスの豊かさを思ってしみじみしてほしい。



<文・宮本直毅>
ライター。アニメやマンガ、あと成人向けゲームについて寄稿する機会が多いです。著書にアダルトゲーム30年の歴史をまとめた『エロゲー文化研究概論』(総合科学出版)。『プリキュア』はSS、フレッシュ、ドキドキを愛好。
Twitter:@miyamo_7

単行本情報

  • 『けもっ娘どーぶつえん!』 … Amazonで購入
  • 『耳袋さんの知恵袋』 第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]