このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『未来救助隊アスガード7 1974 すがやみつる版』 石ノ森章太郎(作) すがやみつる(画) 【日刊マンガガイド】

2017/02/20


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『未来救助隊アスガード7 1974 すがやみつる版』


sugaya_s1974

『未来救助隊アスガード7 1974 すがやみつる版』
石ノ森章太郎(作) すがやみつる(画) 復刊ドットコム ¥2,000+税
(2017年1月25日発売)


あれっ、このマンガ左開き!? そう、本作は石ノ森章太郎・原作の“ふつうの戦隊モノ”にあらず。
昭和育ちには親しみ深い学研の「学習」「科学」の、「6年の科学」(1974年度版)に連載された“学習マンガ”。ちなみに「6年の科学」1975年度版を収録した『未来救助隊アスガード7 1975すがやみつる版』 もこのたび刊行のはこびに。

「学習」の人気マンガの筆頭といえば、『名たんていカゲマン』(山根あおおに)。
そして、「科学」では石ノ森章太郎のマンガが人気を誇っていた。
この『未来救助隊アスガード7』は、なんと全学年向けの「科学」で連載されていた作品。
学習マンガの常で、当時は単行本が刊行されることはなく……当時のファンはもちろん、コアな石ノ森ファン、『ゲームセンターあらし』で、すがやみつるのファンになった世代にも貴重な1冊である。

表紙におどる7人の戦士たちは、ちょっと『サイボーグ009』を思わせる!?
「アスガード7」のメンバーは、サイボーグのケン・マナブ、紅一点のロミ・オハラ。
ジェット機より速く飛ぶハヤブサ、参謀役のマシンマン、鋭い前歯で地中を突き進むバービー、戦闘能力に長けたキリキリキッド、なんにでも化けられるニンジャー。
彼ら7人が地球を脅かす敵と戦うというストーリーだが、そこはしっかり学習マンガ。
各話のタイトルも「地球と形の動き」「バッタの大群」「水溶液の性質」といった具合。

敵が人工的に火山を噴火させる攻撃を、いかにくい止めるか!?
噴火の仕組みの解説をおりこみつつ、アスガード7の面々がそれぞれの得意技を発揮して大活躍! 解説もわかりやすくて、今読んでもなかなか勉強になる。
金属のさびについての実験写真を挿入した、いかにも「お勉強」っぽいイントロページがカラーで収録されているのも味わい深いお宝本である。



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
ブログ「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『未来救助隊アスガード7 1974… Amazonで購入
  • 『未来救助隊アスガード7 197… Amazonで購入
  • 『ゲームセンターあらし』 第1巻 Amazonで購入
  • 『コミック版 最新ハム問題集』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2