このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『アスタロト・クロニクル』 第1巻 魔夜峰央 【日刊マンガガイド】

2017/03/16


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『アスタロト・クロニクル』


astarotochronicle_s01

『アスタロト・クロニクル』 第1巻
魔夜峰央 小学館 ¥1,900+税
(2017年2月6日発売)


美少年に目がないMI6諜報員、スーパーロボット、超能力者に未来人。
個性豊かなキャラクターが出入りして、ときには主人公の存在感すら食うこともあった傑作コメディマンガ『パタリロ!』

かつて、その連載のなかで、ひときわ強く異色なインパクトを残したゲストキャラクターがいた。
悪魔の大公爵・アスタロト様である。

バンコラン少佐に勝るとも劣らず、マンガ史上トップクラスの“黒ロン美”とたたえることができる、まっすぐ伸びた漆黒の長髪。
文字どおり悪魔的に妖しくなまめかしく、それでいてどこかイタズラっぽいおとなげなさも帯びた目鼻立ち。あまりにも完成度が高いデザインで、登場場面一つひとつが絵になっており、見るたび思わずうっとりしてしまう。

『パタリロ!』では単行本第22巻に始まる魔界編の主役にあたり、ほかの四大悪魔たちとの間で権謀術数をめぐらせた勢力争いをしのいだすえ、人間界へ潜伏する様子を描いた一連のエピソードが鮮やかな印象を焼きつけた。
魂を売り飛ばして召使いになったパタリロのご先祖さまや、健気でかわいい猫娘をおともにつけて、どんなに残酷でハードな展開の合間にもギャグシーンが噴出するのがいかにも魔夜峰央チックであった。

さて、このアスタロト様。
じつはパタリロよりも長い歴史を持つキャラクターだったりする。
魔夜先生がデビュー初期に「別冊マーガレット」へ投稿した読み切り「魔界」(1974年投稿、掲載は81年)を初出として、21世紀に入っても断続的に新作が描かれているので、ゆうに30~40年選手ということに。
人に歴史あり、というが、キャラクターにも歴史がある。
それが悪魔として悠久の時を生きる設定とあいまって、奥深いムードをかもしだしているのかもしれない。

そして、魔夜先生が画業45周年を迎えた今年。
長年をまたぐアスタロト様の登場作品を総まとめに復刻した『アスタロト・クロニクル』全2巻の刊行が実現し、ファンを狂喜乱舞させた。

さる今年2月に発売された第1巻は、1990年代前半に「別冊プリンセス」で連載された『アスタロト』を中心に、原点である「魔界」も収録。
悪魔らしく敵には容赦なく残忍でありながら、どこか能天気な愛嬌を持ち、また自分をかばって命をなげうった使い魔のために涙を浮かべる純真さもあるという複雑な人物像を読みとるのにうってつけの1冊となっている。

さらにボーナストラックとして新作のショートコミックが描き下ろされたほか、魔夜先生の娘さん・山田マリエ氏がアスタロトシリーズの裏話を父に尋ねる様子を描いた4コママンガ、山岸涼子先生が魔夜先生について語ったコラムなど、ここでしか読めないコンテンツももりだくさん。

往年のファンはもちろん、『翔んで埼玉』や当「このマンガがすごい!WEB」連載中のエッセイコミック「翔ばして!埼玉」で魔夜マンガのおもしろさを知った向きにも、最高の入り口にして決定版にもなる『アスタロト・クロニクル』。

4月発売予定の第2巻とあわせて、ぜひチェックしていただきたい。



<文・宮本直毅>
ライター。アニメやマンガ、あと成人向けゲームについて寄稿する機会が多いです。著書にアダルトゲーム30年の歴史をまとめた『エロゲー文化研究概論』(総合科学出版)。『プリキュア』はSS、フレッシュ、ドキドキを愛好。
Twitter:@miyamo_7

単行本情報

  • 『アスタロト・クロニクル』 … Amazonで購入
  • 『翔んで埼玉』 Amazonで購入
  • 『パタリロ!』 第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]