このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【『このマンガがすごい!2018』オンナ編2年連続第1位!!】岩本ナオ『マロニエ王国の七人の騎士』【インタビュー】読み切りの予定が大長編に!? さらに公式で「推しメン予想」まで開催! 気になる先生の「推しメン」は……!?

2017/12/10


人気漫画家のみなさんに“あの”マンガの製作秘話や、デビュー秘話などをインタビューする「このマンガがすごい!WEB」の大人気コーナー。

今回お話をうかがったのは、岩本ナオ先生!

「このマンガがすごい!」2017年度、見事オンナ編の第1位に輝いた『金の国 水の国』。
完結直後に発表された岩本ナオ先生の新連載『マロニエ王国の七人の騎士』が、なんと『このマンガがすごい!2018』オンナ編第1位を2年連続で獲得!!

『このマンガがすごい! 2018』
『このマンガがすごい!』編集部(編) 宝島社 ¥550+税
(2017年12月9日発売)

本作は中世の西洋を舞台にした、おとぎ話を彷彿とさせるハイファンタジー。
とある王国の7人兄弟は、「いつか かっこよく 我が国のお姫様を助けること!!」を大義として日々の任務をこなしていた。
そんな彼らは、それぞれ騎士長として近隣にある7つの国を訪れ、友好関係を築いてくるという重大な仕事を命じられ―――!?

本誌『このマンガがすごい!2018』 でも、8ページにわたって岩本ナオ先生のインタビューを掲載! 『マロニエ王国の七人の騎士』への意気ごみや、岩本先生ならではのつくりこまれた背景や衣装といったディテールへのこだわり、そして「7人兄弟」を主人公にした理由など、たっぷりうかがいました!

そして今回、それでも紹介しきれなかったお話も盛りだくさんなディレクターズカット版として、『このマンガがすごい!WEB』限定でお届け!

著者:岩本ナオ

岡山県出身。2004年、「月刊フラワーズ」でデビュー。全12巻となった『町でうわさの天狗の子』で第55回小学館漫画賞少女向け部門を受賞。現在「月刊フラワーズ」で『マロニエ王国の七人の騎士』を連載中。

★新作のくわしい情報と試し読みはコチラへ!

7人それぞれの「見せ場」は1ページずつの予定だった!?

――本作は、当初は読み切りのつもりだったそうですね。

岩本 連載になるとしんどいので……でも、そろそろ何か描かなくちゃと思って「読み切り描きます」と(笑)。

担当 一番早く掲載できる号で調整したんですが、読み切りの予定だったので巻中カラーだったんですよね。連載になるとわかっていれば巻頭カラーにしたかったんですが(笑)。

岩本 描きはじめたら長くなってしまって。

――それ、まったく『金の国 水の国』の時と同じパターンですよね。というか、メインキャラが7人いる時点で、読み切りでは無理っぽくないですか?

岩本 7人の騎士のお仕事が各1ページで終わると思ってたんですよね。

性格も価値観もまったく異なる仲よし7人兄弟。 そんな彼らの大義は……。

――ええっ、ひとり1ページずつの活躍シーンですませようと? 「ドーン!」「ズバーン!」……ってやれば、できなくもないですかね。

岩本 でも、描き出すと読みごたえがほしくなるんですよね。やっぱりお姫様との恋愛をちゃんと描いたほうがいいだろうとか考えているうちに1話じゃ終わらなくなって。あわてて「読み切りじゃなくて前後編」となり、結局は「やっぱり連載にして下さい」と。

――これだけキャラクターが魅力的なんですから、読み切りじゃもったいなさすぎますよ。「月刊フラワーズ」2017年12月号では「推しメン予想結果」が発表されましたが、これは「今後の推しメンになりそうなキャラ」という意味ですよね?

「推しメン総選挙」の1位は……長男の「眠くない」!
この先、ほかの兄弟たちの素顔がわかるにつれて、推しメンもコロコロ変わってしまいそう……(笑)。

担当 はい、そうです。かなり先走ってやってしまった企画ですね(笑)。でもツイッタ―で読者の皆さんが推しメンのよさを熱く語ってくださって、ありがたかったです。


――今のところは、純粋に登場の多いキャラが上位ですね。まだ第1巻しか出てないので当然ですが。

担当 3位までも非常に僅差でした。7人以外でブルーノ様やエレオノーラ、バリバラが大好きという声もありましたし。まんべんなくファンがいるんだなあと。

――岩本先生のお気に入りは?

岩本 全員愛してます。ここのところは、かなり「眠くない」につきあってるので、そろそろ別の子が描きたいなと思ったり(笑)。

―ひとりをあげるのは難しいですよね。みんなでワイワイしてる魅力もたまらないので。

7人もいれば、食卓もにぎやか!
「寒がりや」の恋事情にはしゃぐ兄弟たちを前に、ママの反応は……。

岩本 本当はそこももっと描きたいんですけど、そうもいってられない。スピーディにどんどん話を進めていかないと。最近のマンガってそういう感じじゃないですか?

――ほかのマンガはともかく、「マロニエ」では7人それぞれの活躍と恋愛をみっちり読みたいです! 岩本先生の予想では、ざっくり何巻くらいになると思いますか?

岩本 だいたい……10巻くらい?

担当 と、作家さんがいう時はもうちょっといきますね(笑)。

――もっといくでしょう?

担当 岩本先生はたまに元気がなくなると、「人気がなくなったら残りはひとり1ページで終わらせますんで」っていいだすんですよ(笑)。

「ヨーロッパの風景をこの目で見なければ」と思い立ったきっかけは、あの名作アニメ映画だった!

――取材旅行にいかれたのはいつですか?

岩本 今年の3月に10日間ほど、スペインと南フランスに行きました。3話と4話の間だったので、4話以降はぐっと風景や建物のイメージが豊かになっています(笑)。

―もともと取材に行こうと予定されていたのでしょうか。

岩本 いえ。ネットでイメージに合うお城を探し回って見つけたスペインとフランスのお城をミックスした感じで1話目を描き始めて。当初は読み切りのつもりだったからそこまで資料もいらないし、周辺の設定も決めなくていいと思っていたんです。

―それが、連載となって事情が変わった?

岩本 モデルにしたお城の名前はそこまで有名ではないので、資料を集めるにも限界がありました。「もう見にいったほうがいいかな」と思い始めた頃に、テレビで『千と千尋の神隠し』を観て、「やっぱり現地に行かなくちゃダメだ」と思ったんです。実際の風景を見てちゃんと描きたいという気分になって、編集さんに相談しました。

――『千と千尋の神隠し』の独特な世界観は、いくつかの土地を取材したなかから生まれたそうですよね。

担当 上司に相談したらすぐに許可が下りました。やはり1・2話を読んで、この作品の期待が高かったからだと思います。

取材・構成:粟生こずえ


岩本ナオ先生の貴重なインタビュー、今回はここまで! オンナ編第1位に輝いた『マロニエ王国の七人の騎士』の、貴重な制作裏話が聞けちゃいましたね♪

まだまだ岩本ナオ先生のインタビューが見たいという方に朗報! 本誌では、岩本先生の貴重なインタビューがたっぷり8Pも掲載されている『このマンガがすごい!2018』が、現在好評発売中です! 岩本先生の「騎士」へのこだわりや、気になる7人兄弟のこれからの恋愛模様について……などなど載っていますよ! 気になる方は下記をクリック!

絶賛発売中の『このマンガがすごい!2018』! “今、読みたいBEST100”を大ボリュームで特集してます♪ すぐにゲットしよう★

\次回予告/
岩本先生のインタビュー第2弾もアップ予定!! 『マロニエ王国の七人の騎士』を連載するにあたって実現した夢のヨーロッパ取材旅行のお話や、「絶対に描きたかった」と先生がこだわりぬいた名シーンの数々について解説! 第2弾も見逃せない情報盛りだくさん! 
公開は12月19日予定なのでこちらもチェックしてください!

大事なのでもう一度!

『このマンガがすごい! 2018』
『このマンガがすごい!』編集部(編) 宝島社 ¥550+税
(2017年12月9日発売)

 

『このマンガがすごい! 2018』は絶賛発売中 です!
ぜひお手にとってください!!



単行本情報

  • 『マロニエ王国の七人の騎士』… Amazonで購入
  • 『このマンガがすごい! 2018』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]