このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【実写映画公開記念】幸田もも子『ヒロイン失格』インタビュー 主演・桐谷美玲の変顔クオリティが高すぎる!?

2015/09/19


監督、俳優、スタッフさんたちのこだわりに大感激

――幸田先生は、はとりの髪型などにもこだわりがあるように感じます。映画も、日常生活の細かい部分まで、原作そのままにしっかり作り込まれていましたね。

幸田 小道具ひとつまで、全部かわいいんですよね。はとりのお部屋もめちゃくちゃ素敵だったし、服も髪型も! 原作でもはとりはしょっちゅう髪型を変えていますが、まさかここまでやってくれるとは! 花火大会のシーンの、浴衣とあわせた髪飾りもしっかり再現してくれて。

koudamomoko01_ph006
マンガのはとりも桐谷美玲さんも浴衣姿がかわいすぎ! 花火大会はときめきポイント満載です。

マンガのはとりも桐谷美玲さんも浴衣姿がかわいすぎ! 花火大会はときめきポイント満載です。

――映画に登場するはとりの髪型は、なんと44種類のアレンジがあったそうですね。

幸田 こんな髪型だったらかわいい〜、みたいに絵で描くぶんには簡単じゃないですか。ヘアメイクさん、けっこう苦労したそうです!

koudamomoko01_ph007a koudamomoko01_ph007b koudamomoko01_ph007c koudamomoko01_ph007d
はとりの髪型コレクションをいくつかご紹介。編み込みとかお団子とか、細かい部分まで凝っていてかわいい。はとりの女子力の高さを物語っていますね。

はとりの髪型コレクションをいくつかご紹介。編み込みとかお団子とか、細かい部分まで凝っていてかわいい。はとりの女子力の高さを物語っていますね。

――制服のシーンが多いので、髪型がコロコロ変わるのが楽しいんですよね。

幸田 利太が制服にパーカー合わせてるところとか、ピアスも原作どおりで。利太のピアスは、当初はナシでいく予定だったらしいんですが、山﨑さんがじきじきに「利太はピアスつけてないと」と、ご自分でフープピアスを買ってきてくれたそうなんです。

――俳優さんにもスタッフさんにも、ホントにキャラクターが愛されてますね。

幸田 撮影を見にいったとき、学食にみんながいる場面を撮っていたんですが、「あ、はとりだ、中島だ、利太だ、弘光もいる」って感動しちゃいました。みんなのしゃべり出すタイミングとか、笑い方がホントにイメージ通りで。

――映画で、特にお気に入りのシーンは?

幸田 ときめき度で言うと、利太(山﨑賢人)が泣くシーン。そのあと、雨のなか、弘光(坂口健太郎)が来るところ。この2つがキャーッとなった2大シーンですね。あと、はとりが利太に失恋するところでは涙が出そうになりましたが……そのあとには超爆笑の演出が待ってるんですよね。ミラクル演出です! これからご覧になる方はぜひ、注目してみてください。

――あそこは最高でした! ネタバレになっちゃうのでくわしく言いたくなるのを抑えますが。映画にはコミックス10巻分のここぞという見せ場がしっかり入っていて、コンパクトにおさまってるのに驚きました。マンガの魅力を活かしつつ、映画独自の演出もハマっていて。

幸田 脚本をチェックさせていただいたとき、ホントにおもしろいし完璧にまとまってて何も言うことがありませんでしたね。直させてもらったことといえば……弘光のペットが猫という設定だったのを犬にしてもらったくらい。ホント、それだけです。そういえば、桐谷さんが「利太の泣き顔が好きだから、利太の泣き顔のシーンを入れてほしい」と言ってくださったそうで、これはうれしかったですね。

koudamomoko01_ph008a
利太のこういう弱い部分を見せられると、女子は「自分が守ってあげなきゃ!」と思ってころっと落ちちゃうのかも。

利太のこういう弱い部分を見せられると、女子は「自分が守ってあげなきゃ!」と思ってころっと落ちちゃうのかも。

編集 利太は幼い頃、母親が男と駆け落ちしているんですが、映画版のラスト周辺に、原作にはない利太のお母さんのエピソードがあります。あれもストーリーのなかでとても利いていたと思います。

幸田 母と息子の久しぶりの再会といってもお涙ちょうだい的ではなく……濱田マリさんの演じるお母さんの温度が、自然で絶妙なんですよね。

編集 違和感なくすっと入ってくるシーンで。ストーリーのなかですごくいい効果を生んでいます。お母さんとの場面によって、利太の性格がわかりやすく伝わってくる。

――原作を読んでいる方も200%満足、まだ読んでない方ももちろん楽しめる映画だと思います。むしろ、映画を先に見て、初めて原作を読む人がまたうらやましいくらい。

幸田 映画を観て、自分でも新たな発見がありました。じつは私、マンガを描いているときには安達さんを好きになれなかったんですよ。でも、映画のなかの、我妻三輪子さんの演じる安達さんがとにかくいじらしくて……安達さんに泣かされるとは思ってませんでした。映画を観て、キャラのことがもっと好きになれました。

――幸田先生、ありがとうございました!


映画『ヒロイン失格』は9月19日(土)全国ロードショー!
みなさんぜひ足を運んでくださいね! メイン写真_re0517sm

取材・構成:粟生こずえ

<次回予告>
次回、幸田先生には、『ヒロイン失格』のタイトル決定秘話、幸田先生のマンガ人生、現在連載中の『センセイ君主』について、おうかがいしています。10月5日(月)更新予定ですから、お楽しみに!

取材・構成:粟生こずえ

単行本情報

  • 『ヒロイン失格』第1巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第2巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第3巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第4巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第5巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第6巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第7巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第8巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第9巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第10巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格 映画ノベライ… Amazonで購入
  • 『映画ノベライズ ヒロイン失… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]