このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

水沢悦子『ヤコとポコ』インタビュー ネコ型のロボットは『ドラえもん』を意識していた!?

2015/11/09


携帯やパソコンが衰退した近未来。少女漫画家ヤコとロボットアシスタントのポコのなんでもないけどあたたかい毎日。『花とズボラ飯』で鮮烈なデビューを飾った水沢悦子先生の新境地ともいえる『ヤコとポコ』は、どこかなつかしく、ちょっぴりせつなく、とっても癒されるすこし不思議な世界。かわいいキャラクターもてんこもりで、幅広い読者の心をわしづかみ中! 読むとなんだか気持ちが軽くなる――そんなほのぼの異世界ショートをつくりだした水沢先生にお話を伺いました!

水沢悦子

経歴は非公開。性別も非公開。デビュー作で代表作の『花のズボラ飯』(原作は久住昌之)を月刊「エレガンスイブ」(秋田書店)誌上で2009年6月号から連載開始。現在、同誌にて『ヤコとポコ』を不定期連載中。また、『おしえて。ポコ先生』をWebコミック「Championタップ!」にて2013年7月4日から配信中。

公式ブログ:「悦子からのお知らせ」http://blog.livedoor.jp/tekitou_neko/

『花のズボラ飯』最新3巻『ヤコとポコ』最新2巻どちらも11月16日発売!

『花のズボラ飯』3巻発売記念、原作者・久住先生のスペシャル動画はこちら!

また、原作者・久住先生によるライブ&サイン会11月17日に開催。
詳細はこちら!

 

「ダメモード」のよさも 感じてほしい!

――『ヤコとポコ』の構想はどのようなアイデアからスタートしたのでしょう。

水沢 新雑誌の準備号の依頼で、当初は「ささやかなエッセイマンガ的なものを」というお話をいただきました。いろいろ思うところあって、ノンフィクションはやめて、少女漫画家が主人公の話にしたんです。

――少女漫画家のヤコは、見た目はほわっとしていますが、堅実で地に足のついた感じですね。

少女漫画家のヤコとロボットアシスタントのポコ。こたつが仕事机なところにもヤコらしさが。

少女漫画家のヤコとロボットアシスタントのポコ。こたつが仕事机なところにもヤコらしさが。

水沢 花(『花のズボラ飯』)がよくしゃべる子だったのでヤコはあまりしゃべらない子にしようと思っていました。考え方など自分に似てる部分もけっこうあります。

水沢先生の代表作『花のズボラ飯』の主人公は単身赴任の夫を持つズボラ主婦の花。ズボラだけどおいしそうなごはんをこれまたおいしそうに食べまくる。はふはふっ。

水沢先生の代表作『花のズボラ飯』の主人公は単身赴任の夫を持つズボラ主婦の花。ズボラだけどおいしそうなごはんをこれまたおいしそうに食べまくる。はふはふっ。

――むやみに仕事を増やさないなど、「ガツガツ求めない」態度にホッとします。

水沢 自分のなかに、連載を1本に絞ってじっくりゆっくりやっていきたいっていう気持ちと、いろんな仕事をかけもちしてバンバン描いてる作家さんに憧れる気持ちもあって。それをヤコとオリーブ先生にわけてみた感じです。

3-1
無理しない流儀のヤコと、月に150ページ(!?)もの連載をばしばしこなすオリーブ先生。ロボアシも対照的。

無理しない流儀のヤコと、月に150ページ(!?)もの連載をばしばしこなすオリーブ先生。ロボアシも対照的。

――そして、ネコ型のロボット、しかもおなかにファスナーもありますし……ポコから『ドラえもん』を思い浮かべる読者も多いかと思いますが?

水沢 ドラえもんは意識してたかどうか、あまり覚えてないですけども、絶対してたと思います。

――「かんぺきモード」「てきとうモード」「ダメモード」から持ち主が設定を選べるのがおもしろいです。それぞれの魅力が伝わってきてなんだかホッとします。

水沢 じつは1話目のポコのモードを選択するコマはささやかなギャグのつもりで描いたので、それぞれのモードのルールとか深く考えてなかったです。ちゃんと考えてたら「ダメモード」なんていう名前にはしないです(笑)。
あとから考えると「ゆったりモード」とか「のんびりモード」とかほかにもつけようがあったと思います。そんな感じで2話目から本気でこの世界のことを考え始めたので、「ロボットの性格とかはどういうふうに決まるのか」などの細かい仕組みもあまり考えてなかったです。2話目からいろいろ説明しているつもりですが……「ロボット屋さん」的なものもまだ描いてないですしね。どうなってるんでしょうね?

モード選択のシンプルさ! 「ダメ」のひと言のインパクトがすごい。

モード選択のシンプルさ! 「ダメ」のひと言のインパクトがすごい。

――それは登場が楽しみです(笑)。動物ロボット欲しい、という声は多いのでは?

水沢 読者の方からの感想で「かんぺきモード欲しい」「てきとうモード欲しい」という声はよく聞きますが……ダメモードの人気も高まってくれるといいですね。なんとなくがんばりすぎてる人が多い時代のような気がするので。

――モードが同じでも、性格はそれぞれなのもいいですね。

水沢 ロボットの性格はいろいろですが、ご主人への忠誠心だけは強めだと思います。でもポコはたまに口ごたえしてますね。

――ポコは、ヤコのアシスタントではありますが、小さな弟みたいですよね。

とにかくポコとヤコのなにげないやりとりがイイ! たしかに年の離れた姉弟みたい。

とにかくポコとヤコのなにげないやりとりがイイ! たしかに年の離れた姉弟みたい。

水沢 ヤコにとってのポコは「大切にしているなにか」くらいに思ってもらえるといいなと思います。もちろん単純に「大切な人」でもいいですし。ロボットは甘やかしすぎると働きが悪くなるので「絶妙な距離感を保たないといけない人」でもありますかね。そこに、「仕事をしていくうえで絶対に譲れないこと」などをからめて描いていこうと。

――ポコは時にめんどくさかったりもするけれど、ヤコの役に立とうとしているのが、いじらしいです。

水沢 ヤコの邪魔をしないように気をつけてるし、邪魔してないつもりだけど邪魔になっちゃってる感じ。まあ、一緒に暮らしてたらどうしてもそうなるだろうと思います。ヤコは「でも許す!」……ってなるように意識してます。ヤコはポコを大切にして生きていくと決めていて、ポコがつらくなりすぎない仕事量にしているのです、たぶん。これも2話目からちゃんと考えたことですけど。ヤコとポコの出会いは、大切なところなのでいつかきっと描きます。なんとなくですが、考えてはいます。

ポコはなんと新人賞の副賞だった! ヤコとポコの出会い編、早く読みたいっ!!

ポコはなんと新人賞の副賞だった! ヤコとポコの出会い編、早く読みたいっ!!

単行本情報

  • 『ヤコとポコ』1巻 Amazonで購入
  • 『ヤコとポコ』2巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]