このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】高田かや『カルト村で生まれました。』【「このマンガがすごい!2017」オンナ編18位】カルト村の問題児が漫画家になるまでを語る!

2017/02/13


人気漫画家のみなさんに“あの”マンガの製作秘話や、デビュー秘話などをインタビューする「このマンガがすごい!WEB」の大人気コーナー。

今回お話をうかがったのは、高田かや先生!

朝は5時半起床で労働、食事は昼と夜のみ、すべてのものが共有で服もお下がり、男子は丸刈り・女子はショートカット、両親とも自由に会えず、体罰は当たり前で手紙も検閲、テレビは『日本昔ばなし』だけ……。
そんな「カルト村」で生まれ育った著者が、当時の生活をありのままに描き、大反響を巻き起こしたコミックエッセイ『カルト村で生まれました。』。

その続編にあたる『さよなら、カルト村。』が、このたび発売された。
「こんな村があるとは!」「平成の話とは思えない!」といった驚きと同時に、人が育つ環境や家族のあり方について、しみじみ考えさせられずにいられない。当事者ならではの淡々としたリアリティと、過酷ながらも牧歌的な世界観がいわゆる告発本ともことなる、不思議な魅力を醸し出している本作について、著者の高田かやさんに話をうかがいました。


著者:高田かや

生まれてから19歳まで、カルト村で共同生活を送る。
村での実体験を回想して描いた作品を「コミックエッセイルーム」(文藝春秋)に投稿したことがきっかけでデビュー。

続編の『さよなら、カルト村。』が1月30日より好評発売中。

まず前編では、前作『カルト村で生まれました。』を描くことになったきっかけ、実際に完成するまでの経緯について。

カルト村で生まれた著者がマンガを描くまで

――まず『カルト村で生まれました。』を描こうと思った、きっかけはなんだったのでしょう?

高田 求職中に「自分はどんな仕事がしたいのか」をじっくり考えたことがきっかけですね。絵を描くことが昔から好きだったので、それを仕事にできたら楽しいだろうなと思って。実際にやってみて、すぐに「そんなに楽な仕事ではない」と気づいたのですが(笑)。
とりあえず絵の仕事をするためには、名前を覚えてもらう必要があるなと思って、「自分にしか描けないことは何だろう?」と考えた結果、自分の育った「カルト村」の話をテーマに選んだというだけのことなんです。
そういう目的がなければ、生まれてから19歳まで育った村の話を他人に話そうとは思いませんでしたね。

――それを描くにあたり、マンガという形を選んだのはなぜ?

高田 生まれ育った村の思い出は、常に頭のなかにいっぱいあったので、一度整理して書き出してみようとは思っていて、最初は文章で書き出してみたんです。でも、文字だけだとどうしてもつたなく、語彙も少ないので、すぐに限界を感じて手が止まってしまいました。
その数年後に無職になって、「大好きな絵を描く仕事なら楽なんじゃない?」という能天気な想像がたまたま合わさって、マンガで描いてみようと思ったんです。村の話は、親と子が離されたり、ビンタや食事ヌキなどの体罰受けたりするシーンもあるので、「暗い話になってしまうかも……」と思っていたのですが、それがマンガにしてみるとめちゃくちゃしっくり来て、これはおもしろい組み合わせだなと思いながら描きました。
もともとマンガを読むことは好きでしたが、村にはもっと絵のうまい子やオリジナルマンガを描いている子もいたので、自分が描こうと思ったことはありませんでした。
だから『カルト村で生まれました。』が、中学時代以来、久しぶりに描いたマンガです。

厳しい教育の村では、体罰も当たり前だった! 普通じゃないことが淡々と描かれることで衝撃がむしろ増幅!?

厳しい教育の村では、体罰も当たり前だった! 普通じゃないことが淡々と描かれることで衝撃がむしろ増幅!?

──村ではマンガが禁止されている描写も出てきましたが、こっそり読まれていたのでしょうか?

高田 村でも6歳くらいまではテレビもマンガもすべて自由に見られたんですけど、7歳のとき、怖い世話係さん(子供の世話やしつけを担当する大人)がやってきて、すべての娯楽品が没収されました。
その際、上級生の子が一冊だけ隠しておいたマンガがあって、そのマンガも見つかって結局没収されてしまうのですが、見つかるまでの間、何度も何度も繰り返してその一冊のマンガを読んでいました。
題名も内容も思い出せないのですが、とても不思議な読後感のあるマンガで、今でも「あれはなんていうマンガだったのかな?」と探しています。

マンガが禁止だった村の生活。でも、意外とポジティブ!

マンガが禁止だった村の生活。でも、意外とポジティブ!

その後も、小中学校は一般の公立に通っていたので、学校の友だちに借りたりして、こっそり読んでましたね。とはいえ、数えるほどしか読めなかったので、読んだマンガはすべて印象に残っています。とくに中学生の頃に読んだ、矢沢あいさんの『天使なんかじゃない』は、同学年の女の子たちに大人気で、この作品に出てくるようなかわいい女の子の絵を描くと友だちに喜ばれたので、服装や髪型を覚えて真似して描いたりしていたのでよく覚えています。

──高田さんが特に感銘を受けたものとか、『カルト村~』を描くにあたって参考にされたものはありますか?

高田 村を出てから読んだマンガでは、西原理恵子さんのマンガに感銘を受けました。『ぼくんち』や『女の子ものがたり』や『パーマネント野ばら』など、「こんなにシンプルなコマと言葉で、こんなに綺麗に“言葉にならない思い”を表現できるものなのか」と思いました。
『カルト村で生まれました。』を描くときは、背景に悩んで、夫のふさおさんの持っていた『クッキングパパ』や『サイクル野郎』、図書館にあった『サザエさん』など、背景が手描きのマンガを読んで研究しましたね。
図書館の児童書ブースにあった『まんが家になろう!』や、京都精華大学マンガ学部で教授もやられている、竹宮惠子さんの著書『マンガの脚本概論』など、タイトルに「マンガ」がつく本も片っ端から読みました。

そしてついに連載開始へ

──マンガに関しては完全に独学だったわけですね。『カルト村~』は文藝春秋のサイトの「コミックエッセイルーム」内の連載としてスタートしたわけですが、これはどういった経緯で?

高田 ほとんどインターネットを使っていなかったので、作品発表できるWeb媒体自体をまったく知らなかったんです。とりあえず、「村関係の本を出している出版社に送ったら、見てくれるかな?」と思って、『カルトの子』という村の批判本(『カルトの子ー心を盗まれた家族ー』米本和広 文春文庫)を出していた文藝春秋のホームページを検索してみたら、「コミックエッセイルーム」というコーナーがあるのを発見したんです。
で、読んでみたら「作品募集」の要項がのっていたので、「ちょうどよかった」と思って郵送してみました。送ったら感想や意見がもらえると書いてあったので、返事を楽しみにしていたのですが、しばらく音沙汰がなくて、4カ月後に突然、「掲載してもいいですか?」というメールが来て……。

──それは驚きますね!

高田 びっくりしましたね。 まったくの素人だった私の作品を掲載するために、それまでなかった「お試し掲載」の枠を作っていただいて、プロに教えてもらいながら掲載作品を仕上げるというぜいたくをさせてもらいました。その「お試し掲載」で反響があったので、改めて連載として続けさせていただけることになったんです。

──WEB連載時から反響はすごかったですよね。私自身、SNSで拡散されていて読んだ憶えがあります。

高田 Webの反響が大きかったとは担当者さんに聞きましたが、読者の感想は直接、私に届くわけではなく、すべて出版社へ行くので、自分の周りでは何も変化はなく、「反響があったので連載にしましょう」といわれても「いったいどこの世界のことだろう?」という感じで、あまり実感はなかったんです。ふさおさんも「へー、意外とみんな村のこと知ってるんだねー」くらいの反応でした。でも、その反響が連載へ、連載が単行本へ…とつながったことを考えると、反響がもたらした影響はかなり大きかったのだと思います。

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2