このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

TVアニメ『有頂天家族2』レビュー! 「面白きことは良きことなり!」森見登美彦原作の人気小説、4年ぶりの新作アニメは、狸と天狗が化かし合い!?【あのアニ】

2017/05/14


「あの話題になっているアニメの原作を僕達はじつは知らない。」略して「あのアニ」。

アニメ、映画、ときには舞台、ミュージカル、展覧会……などなど、マンガだけでなく、様々なエンタメ作品を取り上げていく「このマンガがすごい!WEB」の人気企画!
そう、これは「アニメを見ていると原作のマンガも読みたいような気もしてくるけれど、実際は手に取っていないアナタ」に贈る優しめのマンガガイドです。「このマンガがすごい!」ならではの視点で作品をレビュー! そしてもちろん、原作マンガやあわせて読みたいおすすめマンガ作品を紹介します!

今回紹介するのは、TVアニメ『有頂天家族2』

現在、アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』が絶賛公開中の小説家・森見登美彦によるファンタジー小説『有頂天家族』の第2期が4月からTOKYO MXほかにて大好評放送中だ。

animeUchouten2_1

桓武天皇が王城の位置を定めてから、1200年。
京都には、人間とともに、狸たちが暮らしていた。狸は天狗に学び、人間に化け、そして時々、狸鍋にされたりしている……。

小説『有頂天家族』シリーズは、そんな現代を生きる「毛玉」たちの姿を、「阿呆の血を受け継ぐ」下鴨四兄弟を中心に描く、家族ものであり、妖怪ものであり、そして森見登美彦お得意の京都ものである。
現在放送中の『有頂天家族2』は、そのアニメ版第2弾。原作の『有頂天家族 二代目の帰朝』を映像化した作品にあたる。

「面白きことは良きことなり!」という父の遺言を胸に、気ままに暮らす下鴨家の三男・矢三郎。

「面白きことは良きことなり!」という父の遺言を胸に、気ままに暮らす下鴨家の三男・矢三郎。

しかしながら、この作品を映像化する、というのはなかなかの無理難題だったはずだ。なんといっても森見登美彦の魅力といえば、そのユーモラスな語り口にある。この「語り口」「文体」を映像にするという困難をアニメ版はみごとに成功している。

久米田康治のキャラクターデザインのもと、柔らかなタッチで描かれるキャラクターたちや、暖かく、そしてディテール豊かな背景美術を実際に見た読者なら、まさにこれは森見登美彦の目が見た、狸たちの目が見た、あの京都だ。あの『有頂天家族』だ、と思うはずだ。

キャラクター原案を手がける久米田氏の真骨頂は極端なまでに簡素化された、それゆえに繊細な描線である。

キャラクター原案を手がける久米田氏の真骨頂は極端なまでに簡素化された、それゆえに繊細な描線である。

さて、前作では、哀れにも狸鍋となって果てた父の最期にまつわる謎が描かれたが、今度は天狗の話である。

主人公・矢三郎たちの先生である老いぼれエロ天狗・赤玉先生。先生には「戦争」とまでいわれるほどの壮絶な親子げんかをして別れた二代目がいた。その二代目の突如の帰還により、天狗親子は一瞬即発の状態に。
一方、街には「人間の身にして狸を化かしにかかる謎の怪人物」が現れ、ライバルの夷川(えびすがわ)家もまたなにごとかたくらんでる様子。

帰朝した天狗の「二代目」。物腰は慇懃にして傲岸不遜、毛玉くさい赤玉先生を見下し、 人間でありながら天狗並みの能力を持つ妖艶な弁天を歯牙にもかけない。

帰朝した天狗の「二代目」。物腰は慇懃にして傲岸不遜、毛玉くさい赤玉先生を見下し、
人間でありながら天狗並みの能力を持つ妖艶な弁天を歯牙にもかけない。

迫る天狗の戦いがどのように映像化されるか楽しみだが、ほかにも長男・矢一郎の結婚や、三男・矢三郎と元婚約者・海星(かいせい)の関係のゆくえなど、見どころは盛りだくさん。

狸と天狗の物語、面白きことは良きことなり!

TVアニメ『有頂天家族2』を観たあとに……

今回、TVアニメ『有頂天家族2』をさらに楽しみたいアナタに、読んでほしいマンガ作品を紹介しちゃいますよっ。

UchoutenKazoku_s01

『有頂天家族』 第1巻
森見登美彦(作) 岡田祐(画) 久米田康治(キャラクター原案) 幻冬舎 ¥619+税
(2013年9月24日発売)

狸の頭領たる偽右衛門だった父、下鴨総一郎は、金曜日倶楽部の手にかかり、狸鍋となって世を去った。偉大なる父から「阿呆の血」を受け継いだ下鴨四兄弟は、京都を舞台に宿敵・夷川家との対決を続けるなか、やがて父の死をめぐる謎に近づいていく。

原作小説1冊目をアニメ化した第1期を、岡田祐が全4冊でコミカライズ。
第1期を観ていないという方は、まずは本書から手にとってみてはどうだろう。


『有頂天家族』のほかに、このマンガもおすすめ!

dainipponTENGUTOU_s01

『大日本天狗党絵詞』 第1巻
黒田硫黄 講談社 ¥667+税
(2008年10月23日発売)

黒田硫黄が現代に生きる天狗たちを描いた本作は、『有頂天家族』の源流となった作品のひとつである。
原作者・森見登美彦はインタビューで、「狸と人間の関係だけでは書けてなかった。『大日本天狗党絵詞』という漫画を読んで「天狗だ!」と思ったんですよ。人間、狸、天狗。この三つの階層が京都にあるという設定にすれば他にない話になるはず、これでイケると。」と語っている。(『有頂天家族公式読本』より)

アニメ情報:『有頂天家族2』

■放送情報
TOKYO MX:4月9日(日)より22:00~
KBS京都:4月10日(月)より20:00~
サガテレビ:4月12日(水)より25:55~
北日本放送:4月13日(木)より26:29~
AT-X:4月10日(月)より24:30~
(※リピート放送は、毎週水曜16:30 / 毎週土曜8:30 / 毎週日曜7:00)
dアニメストア:4月11日(火)より12:00~
DMM.com:4月15日(土)より12:00〜
AbemaTV:4月15日(土)より1:00〜
ニコニコ動画:4月15日(土)より24:00〜
バンダイチャンネル:4月15日(土)より12:00〜
amazonプライム:4月15日より24:00〜
アニメ放題:4月15日より24:00〜
U-NEXT:4月15日より24:00〜
GYAO!:4月15日より24:00〜
ひかりTV:4月15日より24:00〜
ビデオパス:4月15日より24:00〜

■CAST
矢三郎:櫻井孝宏
矢一郎:諏訪部順一
矢二郎:吉野裕行
矢四郎:中原麻衣
弁天:能登麻美子
母(桃仙):井上喜久子
赤玉先生:梅津秀行
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
海星:佐倉綾音
淀川教授:樋口武彦
二代目:間島淳司
玉瀾:日笠陽子
呉一郎:中村悠一
天満屋:島田敏

■STAFF
原作:森見登美彦『有頂天家族 二代目の帰朝』(幻冬舎文庫)
キャラクター原案:久米田康治
監督:吉原正行
シリーズ構成:檜垣亮
キャラクターデザイン/総作画監督:川面恒介
美術監督:竹田悠介・岡本春美
撮影監督:並木智
色彩設計:井上佳津枝
3D監督:小川耕平
編集:高橋歩
音響監督:明田川仁
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:P.AWORKS

■主題歌
オープニング主題歌「成るがまま騒ぐまま」(milktub)
エンディング主題歌「ムーンリバー」(fhána)

■公式サイト
http://uchoten2-anime.com/

■公式Twitter
@Uchoten2_Anime



<文・前島賢>
82年生、SF、ライトノベルを中心に活動するライター。朝日新聞にて書評欄「エンタメ for around 20」を担当中。
Twitter:@maezimas

単行本情報

  • 『有頂天家族』 第1巻 Amazonで購入
  • 『有頂天家族』 第2巻 Amazonで購入
  • 『有頂天家族』 第3巻 Amazonで購入
  • 『有頂天家族』 第4巻 Amazonで購入
  • 『有頂天家族公式読本』 Amazonで購入
  • 『有頂天家族』 Amazonで購入
  • 『有頂天家族 二代目の帰朝』 Amazonで購入
  • 『大日本天狗党絵詞』 第1巻 Amazonで購入
  • 『大日本天狗党絵詞』 第4巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]