このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【9月の「このマンガがすごい!」ランキング オトコ編】『アイシールド21』の稲垣理一郎と『サンケンロック』のBoichiによる圧倒的最強マンガがオトコ編第1位……!

2017/08/21


第8位(50ポイント)

『バイオレンスアクション』 浅井蓮次(画)沢田新(作)

ViolenceAction_s02

『バイオレンスアクション』
浅井蓮次(画)沢田新(作) 小学館

表の顔は専門学校生、裏の顔は殺し屋。二つの顔を持つけれど、いつでもゆるふわな雰囲気だけは忘れないケイちゃんによる、怒涛のアクションストーリー。

2巻である今回は、スナイパー・だりあちゃんの依頼で、奥多摩の麻薬王フカの狙撃をサポートしたり、1巻で殺し合ったみちたかくんの依頼で、ヤクザの事務所を襲撃するヤバイ連中と対峙したりと大忙し。それでも仕事中に勝手にアイスを食べたりして、そのゆるふわっぷりは今回も健在。 そして本作の醍醐味と言える爽快感抜群のアクションシーンや、やたらとキャラが立っている依頼人や標的のアクの強さは今回も健在で、おもしろさにますます加速のかかった2巻にも要注目だ。

オススメボイス!

■ストーリーではなくセンスとコマ割りで勝負する女の子アクションマンガ第2巻。相棒のスナイパー女子が登場し、いよいよ「こうであってほしかった『天使の処刑人バイオレット&デイジー』」になってきた(マクガイヤー/ブログ「冒険野郎マクガイヤー」管理人/ニコ生主)
■ふんわりした雰囲気のケイが、淡々とバイト(=殺し屋)の仕事をこなしていく様が楽しめる。第2巻の後半ではライバルっぽいキャラクターも登場して、今秋発売の第3巻が気になるところである(廣澤吉泰/ミステリコミック研究家)

≪「ロングレビュー」でのご紹介はコチラ!≫


第9位(48ポイント)

『イサック』 真刈信二(作)DOUBLE-S(画)

issak_s01

『イサック』
真刈信二(作)DOUBLE-S(画) 講談社

時は17世紀前半、舞台は30年戦争まっただなかの神聖ローマ帝国。主人公となるのは恩人の仇を追って、傭兵として単身海を渡ってやってきた日本人・イサック。友も主君もいない土地でひとりの男がスペインの軍勢と渡りあう超骨太エンターテインメントが堂々推参。

勇午』『スパイの家』の真刈信二と『死がふたりを分かつまで』のDOUBLE-Sがタッグを組んだ新作は、西洋を舞台にひとりの侍が大暴れする軍記もの。
普通この手の作品ではメインの武器となるのは日本刀になりそうなのだが、イサックが愛用するのは種子島銃。大軍を擁してこちらを蹂躙せんと攻めあげるスペイン軍は作画の力もあって、どこからどう見ても圧倒的。そんな大軍相手に、火縄銃ひとつでひとりの男がどう戦いどう生き抜くのか。極上の物語をぜひ体験してほしい。

オススメボイス!

■とにかくカッコイイ!! シビれる、あこがれるゥ!(福丸泰幸/喜久屋書店漫画館京都店 店長)
厨二爆発! ローマ帝国に甲冑&火縄銃!(侍功夫/映画評誌「Bootleg」代表/映画ライター)
■7世紀のローマ帝国に日本人が現る! ただ、思ったほど違和感なし。ひとりで状況判断して戦う姿はかっこいい(早川博志/恭文堂コミッククラフト店)


第9位【ランク外※】(48ポイント)

『このマンガがすごい! comics 精神病棟ゆるふわ観察日記』 杉山なお

※自社発売のため、正式ランキングからは除外します。

ゆるふわ観察日記カバー校正

『このマンガがすごい! comics 精神病棟ゆるふわ観察日記』
杉山なお 宝島社

pixiv掲載時から超話題となっていたマンガがついに単行本化! 著者のアルバイト先は精神病棟。うつ病患者、アル中(そしてときどき幽霊!?)……病棟にいるさまざまな患者さんたちとの刺激的な日々が描かれている。

pixiv掲載時は累計100万PVを超える大反響を見せた話題の本作。あまり実態が知られることのない精神病棟だが、作中で描かれる患者、医師、スタッフ(著者含めて)、すべての精神病棟という空間で生活・仕事して生きる人々の言動は、リアルながらも変に生々しくなく、かえって人間味にあふれている。それはひとえに著者の視点、あるいわ「ゆるふわ」なタッチがそうさせるのかもしれない。センセーショナル×ふんわりという新感覚エッセイコミックだ。

オススメボイス!

■精神科病棟の日常はなかなかセンセーショナルなのですが、かわいい絵柄でコミカルに描いているので、変な色眼鏡を入れずに読むことができる。主観を極力取り払って描こうという配慮が感じられるのもありがたいです(ホシ/ごきげんノベルス編集)

≪「ロングレビュー」でのご紹介はコチラ!≫
≪無料連載マンガページはコチラ!≫


第10位(42ポイント)

『ふたりモノローグ』 ツナミノユウ

hutarimonorog_s01

『ふたりモノローグ』
ツナミノユウ 講談社

「一生親友でいようね!!」
小学校時代にそんなほほえましい約束をしたひなたとみかげ。しかし気づけば疎遠になってしまいそのまま転校して離れ離れになったのだけど、10年経って高校の教室で、ばったり再会。しかし、みかげはギャルに、ひなたはネクラなオタクにと2人はまったく別世界の住人になっていた。

再び友だちになりたいと思う2人なのだけど、みかげは外見とは裏腹にいろいろ考えすぎるせいで、そして、ひなたは引っこみ思案な性格のせいで、なかなか思うようにコミュニケーションがとれず、いろいろとすれ違うばかり。そんな2人のやりとりは読んでいてとてもほほえましく、胸がキュンキュンすること間違いなし!

オススメボイス!

■2人(途中から3人か)の表面的なつきあいを台詞で、内面をモノローグと顔芸で表す百合(?)マンガ。表面上はとりつくろっていても中身は本当に危なっかしくて笑えます。あと、だんだんと表面も内面も心の距離が近づいていく彼女たちの姿がいい(マキタマキナ/(成年)漫画愛好家)
■同著者による『彗星継父プロキオン』『蟬丸残日録』そして怪作『つまさきおとしと私』における心理描写(いや、心理戦か?)の極みながら、確実に一般ウケも狙える方向性になっていて、AbemaTVでの実写ドラマ化の報も「なるほど~」と納得。過去作(とくに電子書籍化されていない『シュメール星人』)再評価の波もきてほしいものですが……。また、電子書籍版も購入しましたが、紙の単行本の装丁(本の角度を変えると、特殊加工によってモノローグが浮かびあがったりキャラの表情が変わる……など)もすばらしかったです(四海鏡/石ノ森章太郎ファン)


「このマンガがすごい!WEB」アンケートご協力者一覧

粟生こずえ(編集・ライター)【URL】/ アキミ(「ボーイズラブを読む!」管理人)【URL】/ 麻野昌三(「わんだ~らんど」なんば店 店長)【URL】/ 旭屋書店なんばCITY店 平田(「旭屋書店なんばCITY店」コミック担当)【URL】/ 後川永(オタク系よろずライター)【URL】/ 井口啓子(文化系ライター)【URL】/ いけさん(ブログ「いけさんフロムエル」管理人)【URL】/ 一ノ瀬謹和(ライター)/ いづき(ブログ「おとよめ」管理人)【URL】/ 稲垣高広(ブログ「藤子不二雄ファンはここにいる」管理人)【URL】/ 犬紳士(養蜂家)【URL】/ 犬山紙子(ライター)/ いのけん(麻雀マンガブログ管理人)【URL】/ 今村方哉(レコード会社勤務)/ 岩下朋世(相模女子大学講師)/ 卯月鮎(書評家・ゲームコラムニスト)【URL】/ 宇都宮崇史(フリー編集者)/ 梅本ゆうこ(ブログ「マンガ食堂」管理人)【URL】/ エロ上司(「とらのあな」商品課 バイヤー)【URL】/ 大黒秀一(エンタメ系ライター)/ 太田和成(「TSUTAYA BOOK STORE」五反田店 コミック担当)/ オオタシンイチ(カメラマン・編集)/ 大西祥平(マンガ評論家)/ 小田真琴(女子マンガ研究家)【URL】/ かーず(ニュースサイト「かーずSP」管理人)【URL】/ ガイガン山崎(暴力系エンタメ専門ライター)【URL】/ かとうちあき(「野宿野郎」編集長(仮))【URL】/ 門田克彦(門田克彦/よるのひるね 出版・古本カフェ的店舗)【URL】/ 紙屋高雪(ブログ「紙屋研究所」管理人)【URL】/ 加山竜司(フリーライター)【URL】/ 川原和子(マンガエッセイスト)【URL】/ 紀伊國屋書店新宿本店(新宿区書店)【URL】/ 稀見理都(エロマンガ史研究家)【URL】/ Captain Y(アメコミブロガー)【URL】/ 桐島ロケットJr.(ライター)/ きんどう zon(電子書籍まとめサイト管理人)【URL】/ 久芳俊夫(「MANGART BEAMS T」ディレクター)【URL】/ 倉持佳代子(京都国際マンガミュージアム研究員)【URL】/ 黒鈴(電子書店スタッフ)/ 黒谷貴清(フリー編集者)/ KT.(マンガと装丁の紹介ブログ「良いコミック」管理人)【URL】/ 劇画狼(漫画始末人/「おおかみ書房」代表)【URL】/ 小山まゆ子(フリーランス編集/ライター)/ ゴロー(AV男優)【URL】/ 塞神雹夜(悪魔祓師)/ 境真良(国際大学GLOCOM客員研究員・経済産業省国際戦略情報分析官(情報産業))【URL】/ ササナミ(ブログ「雑食商店街3373番地」管理人兼書店員)【URL】/ 糸田屯(さすらい)(ブログ「(怒りの以下略)」管理人)【URL】/ 侍功夫(映画評誌「Bootleg」代表/映画ライター)【URL】/ 澤水月(報道勤務/ライター/mixi平山夢明コミュニティ管理人)【URL】/ 四海鏡(石ノ森ファン)【URL】/ 東雲騎人(イラストレーター)/ 芝原克也(日本出版販売株式会社ほんのひきだし編集部)【URL】/ じゃまおくん(「BLACK徒然草」管理人)【URL】/ 白峰彩子(書誌屋)【URL】/ 杉村啓(料理マンガ研究家)【URL】/ 杉山陽一(「COMIC ZIN」秋葉原店 コミックバイヤー)【URL】/ すけきょう(ブログ「ポトチャリコミック」管理人)【URL】/ soorce(オヤジ漫画系ブロガー)【URL】/ 滝川レイ(フリーカメラマン)/ 竹下典宏(三省堂書店神保町本店・コミック担当)【URL】/ 多根清史(ライター)/ 種村理沙(「KYTIMKYM」管理人)【URL】/ たまごまご(ライター)【URL】/ ちょうあゆ(編集)/ 塚本浩司(「COMIC ZIN」商業誌部門責任者)【URL1】【URL2】【URL3】/ ツクイヨシヒサ(漫画評論家)【URL】/ 辻 真先(アニメ脚本家・ミステリ作家)/ トロピカルあいこ(ライター)/ 永田希(書評家、「Book News」運営)【URL】/ 名久井直子(ブックデザイナー)【URL】/ なみかわみさき(物書き)【URL】【URL】/ 奈良崎コロスケ(博奕・マンガ・映画の3本立てライター)【URL】/ 野田謙介(マンガ研究者・翻訳者)/ 野中モモ(ライター)/ 八戸(4コマレビューブログ「素晴らしい日々」管理人)【URL】/ happysad(「マンガ一巻読破」管理人)【URL】/ 浜波孝至(「BOOKSなかだ」魚津店 営業担当)【URL】/ 早川博志(「恭文堂」コミッククラフト店)【URL】/ はろるどキサラギ(ライター・編集)/ 廣澤吉泰(ミステリコミック研究家)/ V林田(麻雀漫画復刊レーベル「未来の麻雀」代表)【URL】/ 福丸泰幸(「喜久屋書店」漫画館京都店 店長)【URL】/ 藤谷千明(フリーライター)【URL】/ 富士見大(編集・ライター)/ ぶち猫(ブログ「ぶち猫おかわり」管理人)【URL】/ ふな(ブロガー)【URL】/ 冬蜂(風俗情報サイト「フーゾクDX」制作部)【URL】/ フラン(ブログ「フラン☆Skin」管理人)【URL】/ ホシ(ごきげんビジネス出版編集担当)【URL】/ 穂高茉莉(楽器店店員)/ マキタマキナ((成年)漫画愛好家)【URL】/ マクガイヤー(ブログ「冒険野郎マクガイヤー」管理人/ニコ生主)【URL】/ 漫画トロピーク(謎の社会人漫画サークル)【URL】/ 南信長(漫画解説者)/ 宮川元良(「恵文社」バンビオ店 店長)【URL】/ 宮本直毅(ライター)【URL】/ 宮脇書店本店(コミック担当)【URL】/ もみちゃん(インターネットカフェ コミック担当)/ 森田真功(ライター/ブログ「Lエルトセヴン7 第2ステージ」管理人)【URL】/ 八尾美映子(「三省堂書店」神保町本店 コミック担当)【URL】/ 山内康裕(「マンガナイト」代表)【URL】/ 山本浩平/まんだらけうめだ店コミックスタッフ【URL】/ 山田幸彦(ライター)【URL】/ 山脇麻生(ライター&編集者)【URL】/ 有隣堂 横浜駅西口コミック王国 水野(主任)【URL】/ 吉田アミ(文筆家/音楽家)【URL】/ 吉村和真(京都精華大学 国際マンガ研究センター センター長)【URL】/ 吉村ルミ(「芳林堂書店」高田馬場店)/ リブロ池袋本店(豊島区書店)【URL】/ りる(感想系ブログ「空夢ノート+」管理人)【URL】/ 林子傑(kaito2198)【URL】/ raven(ディレッタント)【URL】/ 渡辺水央(ライター)/ 和智永妙(ライターたまに編集) ほか


⇒⇒⇒ランキング「オンナ編」も要チェック!!


単行本情報

  • 『Dr.STONE』第1巻 Amazonで購入
  • 『弟の夫』第4巻 Amazonで購入
  • 『好奇心は女子高生を殺す』第… Amazonで購入
  • 『約束のネバーランド』第4巻 Amazonで購入
  • 『甘木唯子のツノと愛』 Amazonで購入
  • 『めしにしましょう』第3巻 Amazonで購入
  • 『ワニ男爵』第1巻 Amazonで購入
  • 『バイオレンスアクション』第… Amazonで購入
  • 『イサック』第1巻 Amazonで購入
  • 『ふたりモノローグ』第1巻 Amazonで購入
  • 『このマンガがすごい! comic… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]