このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【一足はやいクリスマスプレゼント!】「このマンガがすごい!」編集部が選ぶオススメマンガ大公開☆【本誌発売記念Twitter大予想キャンペーン】

2017/12/23


明日はクリスマスイブですね。
「このマンガがすごい!WEB」読者のみなさまのご予定はいかがですか? 愉快な予定でいっぱいですか? それともイルミネーションやらその他もろもろが眩しくてたまんないから家で過ごす派ですか?

そして、やっぱり「このマンガがすごい!WEB」の読者のみなさんなら、クリスマスは、マンガを読んで過ごす派ですよね!(断言)
「このマンガがすごい!WEB」では、「クリスマスに読みたい爆破マンガベスト5 」など、クリスマスのためのマンガ記事がいくつもあります!(明日も強烈なクリスマス記事をアップ予定です……!)、もうこれで大忙し間違いなし!
みなさんもこの記事を参考に、愉快かつ多忙なクリスマスを過ごしましょうね! ね!!


さて、そんな話はさておき、クリスマスといえばサンタですよね。サンタといえばプレゼント……プレゼントといえば…… そう!! 「『このマンガがすごい!2018』大予想Twitterキャンペーン」のプレゼントですよ!! 

先日発売となった『このマンガがすごい!2018』の発売を記念して11月行われた、「『このマンガがすごい!2018』大予想Twitterキャンペーン」。
今年も多くの方のご参加、まことにありがとうございました!
そして、見事第1位を的中させた方のなかから【オトコ編・当選者2名、オンナ編・当選者2名の計4名様】に、編集部スタッフひとりひとりが選んだ「オススメマンガ」をプレゼントしちゃいます!!! 
ハッ、もしかしてサンタって我々のことだったの……?


そんな自称サンタ(編集部)が厳選した聖なるプレゼントマンガですから、みなさんも気になることでしょう! ということで、いくつかをピックアップして、それぞれのコメントとともに大公開!!


みごと第1位を当てた方への「自称サンタが選ぶオススメマンガ」は……これだ!! (五十音順)


『零落』
浅野いにお 小学館 ¥972+税
(2017年10月30日発売)

《PRESENTER'S COMMENT》
『ソラニン』『おやすみプンプン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』など、話題作を発表し続ける浅野いにお先生の最新作。克明に描かれた、漫画家という職業の“業”の深さに、思わず震えます。これを読んじゃうと、もうマンガを純粋には読めないかも……? (餓鬼)




『ヒゲ母ちゃんと娘さん』 第1巻
ヤマモト喜怒 集英社 ¥600+税
(2017年3月17日発売)

《PRESENTER'S COMMENT》
パっと見、“世紀末”的ビジュアルな外見だけど、ヤマモト家の普遍的な日常がゆる~く描かれる、 このギャップ感たるや! 新感覚★育児エッセイ!!
ヤマモトワールドにじわじわハマってほしい。『ゴメスが見てる!?』もオススメ(おハル)



『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』
武論尊 (著) 原哲夫 (著) 徳間書店 ¥750+税
(2017年8月19日発売)

《PRESENTER'S COMMENT》
まさにオビにもあるとおり全人類必読!
ザコはザコらしく生きていいんだと思わせてくれる名著です。 (性奴隷)



『凪のお暇』
コナリミサト 秋田書店 ¥680+税
(2017年6月16日発売)

《PRESENTER'S COMMENT》
自分の立ち位置がわからなくなったり、 いろいろがんばりすぎて生きることにちょっと疲れてしまったすべての女子にこのマンガを捧げたい。 (おタカ)



『やれたかも委員会』
吉田貴司 双葉社 \880+税
(2017年6月28日発売)

《PRESENTER'S COMMENT》
ドラマ化も決まり絶好調の一作。
学生時代に感じていたあの「やれたかも…?」な気持ちを昇華させてくれました! (ジョニー)



『ふたりモノローグ』
ツナミノユウ 講談社 ¥540+税
(2017年7月28日発売)

《PRESENTER'S COMMENT》
もはや異能力バトルの心理戦なみに昇華された、高度な心理描写が全面で繰り広げられている作品なわけですが、その心理戦の中身は、命をかけたデスゲームや地球滅亡の危機などではなく、女の子たちの恋愛めいた友情のすれ違い……いわゆる“百合”ですね。
「再開した元・親友と、また仲良くなりたい」という限定的な設定だけで、ここまで多彩な内容を繰り広げることができるのは、怪作『つまさきおとしと私』の著者ならでは。作品内容に沿った、凝りに凝った単行本の装丁も必見です。 (四海鏡)



『中島かずきのマンガ語り』
中島かずき 宝島社 ¥1,200+税
(2017年11月21日発売)

『新装版『坊っちゃん』の時代』
関川 夏央 (著) 谷口 ジロー (著) 双葉社 ¥1200+税
(2014年6月18日発売)

《PRESENTER'S COMMENT》
「孤独のグルメ」でも有名な谷口ジローさんの訃報きっかけで、この原稿をいただいた。
くわしくは、中島かずきさんの連載を見てほしいが、これは本年最大の驚きであろう。
本年刊行の書籍ではないが、ぜひご一読いただきたい。 (編集長)



以上が、当選者へお送りするプレゼントの一部です!
ほかの作品も、どれも編集部みんながイチオシの作品なのですが……それは当選者のみなさまのお楽しみ!!

なお、当選者の方にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡ずみです。
(どのマンガが届くのかは、到着してからのお楽しみです!)
当選者のみなさま、おめでとうございます&ありがとうございました!!

惜しくも外れてしまった方は、今回は残念でしたが、本当にありがとうございました!!
「このマンガがすごい!」では今後もみなさまと一緒に楽しめる企画を考えていきますので、今後もよろしくお願いいたします!!

それでは、ここまで読んでくださったみなさまに「ありがとう」を告げてお別れです!!
来年の『このマンガがすごい!』第1位大予想キャンペーンで、またお会いしましょう!

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]