このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【カンヌ映画祭パルムドール受賞!】映画『万引き家族』是枝裕和監督が凱旋帰国! 監督は昨日まで筋肉痛!? その理由とは…… 

2018/05/25


祝! 是枝監督最新作『万引き家族』パルムドール受賞!!

5月21日、日本映画史に残る一大ニュースが日本中をかけめぐった。
『誰も知らない』や『三度目の殺人』などを手がけ、数々のオリジナル作品を生み出してきた是枝裕和監督の最新作、『万引き家族』(2018年6月8日全国ロードショー)が、なんと第71回カンヌ国際映画祭の【コンペティション部門】において、最高賞であるパルムドールを受賞!!!

日本映画におけるパルムドールの受賞は、1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来、21年ぶりの快挙。
是枝監督、おめでとうございます!!!!!!

待ちに待った是枝監督が凱旋帰国! その手にはもちろん……

そして23日、12日間に及ぶ祭典を終え、満を持して是枝監督が凱旋帰国! 羽田空港で開かれた会見では、多くの報道陣が駆けつけ、是枝監督の帰国をお出迎え!
会見場に姿を現した監督の手には……棕櫚(シュロ)の木の枝をモチーフにデザインしたパルムドールのトロフィーが!
黄金に光り輝くトロフィーを目の当たりにした「このマンガがすごい!WEB」取材班は、「これが本物か……!」と鳥肌が止まりませんでした!!!

「万引き家族」のポスターとともにトロフィーを見せる是枝監督。
改めて「パルムドール受賞」のすごさがわかる。 じつはちょっと持たせてもらったけどすごく重いんです!!

第一声で「ようやくここに帰ってきた実感がわいてきました」と語り、続けて「LINEやメールがたまっていて、ありがとうの返信すらできてない方たちがたくさんいるので、お礼くらいはちゃんとひと言でもお返ししたいと思います」と語る監督。
また、これまでのコンペと今回のコンペの違いについて、「翌日からの各国の取材では、記者の方々が使う言葉づかいのなかに、“Touch”という言葉と、“Love”という言葉が1番多かったので、これはきちんと届いているな、と翌日から実感しました」と振り返りつつ、語られました。

さらに最高賞のパルムドールを受賞したことについて
「授賞式の後に、公式のディナーを受賞者と審査員で行い、その際審査員長であるケイト・ブランシェットさんとお話する機会がありました。総評で『この作品は演技、監督、撮影、など総合的にすばらしかった。』
とおっしゃっていたのですが、ディナーではさらに熱く語っており、特に安藤サクラさんの演技について、
『女優たちはみな、彼女の泣くシーンがすごいといっていて、もし私たちが映画を撮るとき、あの泣き方をしたら、安藤サクラを真似をしたと思ってください』
と語り、そのくらい、この映画のなかでの彼女の存在感は、女優たちを虜にしたんだなと実感しました」と語りました。
また、親交のあるチャン・チェン氏からは「縁側から見えない花火を家族全員が見上げているシーンが、とてもすばらしかった」と絶賛されたという監督。「シンプルに見て、心を動かされたという感想を多くの方から頂き、とてもいい時間でした」と分析していました。

じつは映画祭の後、次の撮影のためにNYに渡米していたという是枝監督。
数日ぶりにトロフィーを見た感想として、「トロフィーが非常に重く、ディナーまでずっと持っていたので、筋肉痛が治ったのは昨日くらいなんです」とパルムドールを獲得した人のみが経験する悩み(?)を明かしました。
さらに、『誰も知らない』の時に柳楽優弥さんにトロフィーを渡した時を思い出したという監督は、続けて「再会したような気持ちです。ひと晩くらいは抱いて寝ようと思います」とにこやかに語りました。

また、『万引き家族』の見どころについて、
「今回、役者のアンサンブルがとてもうまくいった。撮りたいもの、引き出したい感情を気心が知れている樹木希林さんやリリー・フランキーさんが時には演出側に回って引き出してくれて、そこに新たに安藤サクラさんや松岡茉優さんが加わって、バランスのいいかたちで6人が集まりました。とても監督としても恵まれた環境で撮れたということが大きかったですね。なので、まずは役者の芝居を観て頂けたら」と語りました。

今作の手ごたえについても、「役者さんがすばらしいのはもちろんのこと、サクラさんの泣くシーンは、現場で立ち会っていても、これは特別な瞬間だ、と思うことが何度もありました。今回はそういう化学反応がキャストやスタッフも含め何度もあり、いい映画ができたのかな、という実感はありました」と語りました。

そして、さらに!!
是枝監督自身が自ら描き下ろした映画の小説版が5月28日に発売!&絶賛予約販売中!!

『万引き家族』
是枝裕和 宝島社 ¥1300+税
(2018年5月28日発売)

発売前から話題が話題を呼び、なんと、異例の発売前の3万部の重版も決定!!!
映画では描かれていない登場人物たちの過去だけでなく、ひとつ屋根の下で暮らす家族たちの、複雑に絡み合う想いや「声にならない声」が明らかになっています。
また、題字とイラストはミロコマチコ氏、装丁は大島依提亜氏と、第一線で活躍するクリエイターが担当。
映画鑑賞前はもちろん、鑑賞後に読むとより作品のメッセージに向き合える一冊になっており、映画が気になっている方は、チェックすることをオススメします!!!

気になる「万引き家族」のストーリーは?

なんと、今回のパルムドール受賞をうけて、劇場の公開館数が300館以上に拡大&海外の149の国と地域に販売が決定しました! さらに6月8日の公開に先駆けて、6月2日(土)と3日(日)の2日間で先行ロードショーも決定!
公開前からますます期待が高まる『万引き家族』ですが、いったいどんなストーリーかというと……

<STORY>
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、柴田治(リリー・フランキー)と信代(安藤サクラ)の夫婦、息子の祥太(城桧吏)、信代の妹の亜紀(松岡茉優)の4人が暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母の初枝(樹木希林)の年金だ。
足りない生活品は、万引きで手に入れていた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、口は悪いが仲良く暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子・じゅり(佐々木みゆ)を見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。
だが、ある事件をきっかけに、家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく―――。

映画情報:『万引き家族』

■上映情報
公開日:6月8日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ギャガ

 

■CAST
柴田治:リリー・フランキー
柴田信代:安藤サクラ
柴田亜紀:松岡茉優
柴田祥太:城桧吏
ゆり:佐々木みゆ
柴田初枝:樹木希林
ほか

■STAFF
監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)
ほか

■公式サイト
http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

■公式twitter
@manbikikazoku

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]