このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

「女性に注目されていないけど読むべきマンガ」ベスト4【あの書店に聞く!! リブロ池袋本店】

2014/12/18


老若男女のだれもが安心して訪れられる大手書店・リブロ池袋本店。
その膨大なラインナップのひとつにはもちろんマンガも! 店内は多岐にわたるおすすめコーナーと漫画家さんたちのサインで非常に華やかだ。
池袋という立地もあってか、女性向けのコミックを多く取り扱っているのも特徴。

今回マンガをご紹介いただくのは、リブロ池袋本店のマンガコーナーで働く2人の遠藤さん、遠藤慎子さんと遠藤佐知子さん(リブロ池袋本店には、遠藤さんが数人いらっしゃるそう)。
ふだん少女マンガやアニメ化作品は読んでいるけれど、女性に注目されていることが少ない男性向けの雑誌や、隔月刊行の雑誌に掲載されている作品から4作品を挙げていただいた。

リブロ池袋本店イチオシの4冊!!

『かわうその自転車屋さん』こやまけいこ

KAWAUSOnoJITENSHAYAsan_s01

『かわうその自転車屋さん』第1巻
こやまけいこ 芳文社 \590+税
(2014年10月16日発売)


カフェみたいな自転車屋を営むかわうそさんの、ほのぼのとした日常を描いた本作。
桶のなかに入って、ちゃぷちゃぷと自転車のタイヤに空いている穴を探す姿など、かわうそならではのかわいい動きが満載です。

かわうそさん以外にもたくさんの動物が住む世界が舞台なのですが、羊のようこさんや、どうぶつたちが争うツール・ド・フランスに出場しているイケメンのアルパカなど、魅力的なキャラクターがいっぱい!
また、お話は基本的には1話完結ながらも、細かい伏線が張ってあったりと、意外な読みごたえを秘めています。

ほのぼのとしたマンガが好きな方、そして自転車が好きな方にも楽しんでいただけるかと。
帯に書かれているとおり、まさに「世界で一番かわいい自転車屋さん」を堪能できる作品です!



『トミノの地獄』丸尾末広

TOMINOnoJIGOKU_s01

『トミノの地獄』第1巻
丸尾末広 KADOKAWA \780+税
(2014年11月25日発売)


見世物小屋でのフリークスたちの生き様が描かれる、丸尾末広さんの新刊です。

江戸川乱歩の『パノラマ島』などがお好きな方はツボなのではないでしょうか。お気に入りのエピソードは、テレパシー能力を持つ双子が、紙に書いてある文字を当てる出しもの「千里眼」でイカサマをするお話。
袖の裏から覗き見た解答をテレパシーで伝えるシーンなどは、本当にそうかはともかくとして、説得力あふれるシーンとして、とても印象に残っています。

また、第1巻収録の最後のエピソードも気になるところで終わっています。火ふきに挑戦した双子の一方が顔を火傷するのですが、離れた場所にいる双子の片割れも痛みを共有していて……。双子ゆえに痛みを共有したのか……1巻がちょうどここまでだったので、早くも2巻が待ち遠しいです。
ビビりで、「実際の見世物小屋は見られないけど、マンガなら……」という私にとって、丸尾先生の幻想的なタッチを通して興行の世界を覗けるこの作品はとても楽しめました!


『死んで生き返りましたれぽ』村上竹尾

ShindeIkikaeri_s

『死んで生き返りましたれぽ』
村上竹尾 双葉社 \926+税
(2014年11月11日発売)


もともとは画像投稿サイト「pixiv」に投稿されていた作品で、心肺停止状態から蘇生した作者が、自らの体験をつづった本作。
新聞に書評が掲載されたこともあり、年配の方でも買われている方が多い作品です。

本人視点で描かれる日々や、目と影だけで表現される周囲の世界など、独特の描写で、作者のもとに訪れた「死」が描かれています。巻末には医師による作者の診断書が載っていて、合併症の数々も見どころですね。

作中で作者は「家族との関係がとても悪かった」と言っていますが、弟が死にかけた作者をものすごく心配している描写など、まわりの人のあたたかさが伝わってきて、また泣けます。

死のうと決めた人にとっては大きなお世話かもしれないですが、死のうか迷っている人に対しては、「死んだ後、まわりの人がどう思うかをこれで知るがいい!」という意味でも、本作を手にとってみてほしいです。



『未知庵の1 三時のお水』未知庵

michiann13jinoomizu_s

『未知庵の1 三時のお水』
未知庵 朝日新聞出版 \580+税
(2014年10月7日発売)


単行本は初となる、未知庵先生の手がける不条理な(!?)ギャグマンガです。

「女子高生が道に落として食べられなくなったおまんじゅうを、お地蔵さんにお供えして、斜めうえの恩返しをされる」というエピソード(単行本収録の「お地蔵様」より)が見事にツボに入ってしまって……。
こちらは店内にて試し読みができますので、まずは手にとっていただきたいですね。

本作が掲載されている朝日新聞出版さんの隔月刊行の雑誌「Nemuki+」は、帯にコメントも寄せている伊藤潤二先生や波津彬子先生の作品も掲載されています。
本作も、お2人をはじめとする、ほか連載陣に負けず劣らずの魅力と不条理さを兼ね備えていますよ。

単行本になったことで、「Nemuki+」の購買者だけでなく、もっとたくさんの方に知ってもらえたらうれしいです。

リブロ池袋本店からのお知らせ

shoten_riburo_oshirase

第2巻が12月1日に発売された『東京スーパーシーク様!!』、第15巻が12月9日に発売された『進撃の巨人』を大量入荷しております!!
そのほかにも、話題のマンガを作品ごとにコーナー展開していますので、ぜひお立ち寄りください!

入ってすぐの棚に新刊の女性向けマンガコーナーがあるのも、乙女の聖地・池袋店ならでは。アニメ化作品など、話題の作品も大きく展開している。

入ってすぐの棚に新刊の女性向けマンガコーナーがあるのも、乙女の聖地・池袋店ならでは。アニメ化作品など、話題の作品も大きく展開している。

店舗情報:リブロ池袋本店

〒171-8569
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 書籍館・別館
電話:03-5949-2910
営業時間:10:00~22:00 
URL:http://www.libro.jp/shop/tokyo/ikebukuro.php

単行本情報

  • 『かわうその自転車屋さん』第… Amazonで購入
  • 『トミノの地獄』第1巻 Amazonで購入
  • 『死んで生き返りましたれぽ』 Amazonで購入
  • 『未知庵の① 三時のお水』 Amazonで購入
  • 『東京スーパーシーク様!!』第… Amazonで購入
  • 『進撃の巨人』第15巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]