このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『さよならガールフレンド』(高野雀)ロングレビュー! 「コミティア見本誌読書会」第1位! 賞賛の嵐を巻き起こした超大型新人デビュー!!

2015/03/04


SayonaraGirlfriend_s

『さよならガールフレンド』
高野雀 祥伝社 \680+税
(2015年1月8日発売)


takano_cut_01s

「あいも変わらず セミと緑がうるさい」
「ここは ねっとりとした緑のカンゴク」

残暑厳しい9月。『さよならガールフレンド』は、高校3年生・瀧本ちほのモノローグから始まる。
都会から来たらしい中年夫婦に「地元の方? ここはいいわねえ のんびりしてて」と話しかけられ、「のんびりに見えるのは あんたが休みだからだろ」と内心で毒づくちほ。
初っ端からぐっとくる「どんづまり感」だ。

彼女が住むところは、どこへ行くのにも原チャリが必要。
みんなが知り合いで、下世話なウワサ話はあっという間に広がる。同級生のほとんどはこの町から出ていくことを考えもしない。
平穏だが、のっぺりとした日常のつづく「田舎町」。

このマンガは、そんな日本じゅうどこにでもありそうな、地方都市にある田舎町の空気を、冒頭のような魅力的なモノローグや、原チャリで行くコンビニ、友だちとたまるスーパーのフードコート、暗闇のなかで唯一きらめいて見える工場など、ちほの日常描写を重ねることによって、見事にあらわしている。
ちほの感じる、鬱屈や閉塞感のリアルなことといったら!

進路選択に揺れ、鬱屈のたまるなか、ちほが出会うのが、ちほの彼氏の一晩だけの浮気相手で、みんなから「ビッチ先輩」と呼ばれる、金髪のヤンキー女子・田淵りな。

偶然コンビニでばったり。殴りに来たと勘違いするビッチ先輩と、ぽかーんとするちほ。

偶然コンビニでばったり。殴りに来たと勘違いするビッチ先輩と、ぽかーんとするちほ。

わりと勉強のできるちほが、自分とはまったくく違うビッチ先輩に惹かれてゆく「ガール・ミーツ・ガール」の物語なのだけれど、ちほとビッチ先輩、ふたりの関係が心地よい。
べたべたせず、むやみに踏みこむことはしない、絶妙な距離感。
なかなか描かれることのない、けれどたしかにある、「女同士のさりげない友情」が、最高なのだ。

去る者と残る者。からりと乾きながらも、どこかあたたかく情緒的。この絶妙なバランスが、くせになる。

去る者と残る者。からりと乾きながらも、どこかあたたかく情緒的。この絶妙なバランスが、くせになる。

永遠に続くように思われるかわり映えのしない日々も、振り返ればいっときのこと。2人の関係だって、ずっとつづくとは限らない。
変化を控えた高校3年生の9月から、ちほが卒業して町を出るまで。
そのいくつかのできごとを淡々と切り取ってみせる、たった70ページの中編なのに、読後感は軽いようで重く、けれど、ちほがそっと踏み出してゆく一歩に、ほのかな希望を感じさせられる。

単行本情報

  • 『さよならガールフレンド』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]