このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『魔法使いの嫁』(ヤマザキコレ)ロングレビュー! 孤独な少女にできた”帰る場所”――わが主、わが良人は魔法使いにして人外……!? 

2015/04/29


mahoyome_s000

生意気な妖精、魔法に使う道具の加工をつかさどる技師、親しげに語りかけてくるやんちゃなドラゴン、妖精の女王ティターニア、異なる種の動物をかけ合わせる魔術に没頭する少年。
新しいキャラクターが登場するたびに、彼らがほんの脇役ではなく、物語の世界をどんどん押し広げていくのを感じる。

緻密に描きこまれた画面の力も圧倒的。気づけば、魔法のひしめく世界に、ある日突然連れてこられたヒロイン・チセとともに少しずつこの世界に足を踏み入れていくような気分になっているのだ。

魔法使い修行中のチセ。作中にときおり挿入される文語的な言い回しも、本格ファンタジーの甘美な味わいを高めている。

魔法使い修行中のチセ。作中にときおり挿入される文語的な言い回しも、本格ファンタジーの甘美な味わいを高めている。

エリアスのもと、チセは「魔法そのものというよりまわりにあふれる様々なモノとの関わり方」を学んでいく。
わずか15歳ながら孤独感を抱えたチセに、しだいにエリアスをもっと知りたいという気持ちがわき、自分はどうあるべきかを考えることに直面する構図は恋物語であり少女の成長譚でもある。
同時に「人間でもけものでもない」とされるエリアスの心のうち、今はまだ開示されない秘密も今後ストーリーの大きな軸になっていくのだろう。

異能ゆえに親に厭われ、愛し愛されることをあきらめていたチセの心のかたくなさが、エリアスとの生活のなかでしだいに解けていく。

異能ゆえに親に厭われ、愛し愛されることをあきらめていたチセの心のかたくなさが、エリアスとの生活のなかでしだいに解けていく。

古来から繰り返されてきた「私は何者なのか」という根源的な問い。
わくわくするような魔法への憧れ、いにしえの暮らしへの郷愁、畏れ。
そうしたものが渾然一体となり……幻想的なファンタジーを「私たちの物語」として読ませる力を持った作品である。


『魔法使いの嫁』編集担当者様から、コメントをいただきました!

ご協力者:ヤマザキコレ先生ご担当者様

このたびは、とりあげていただきましてまことにありがとうございます。
ヤマザキ先生とふたり、本当に多くの方々からご声援をいただき、感謝を捧げる毎日を送っております。

『魔法使いの嫁』を読むことで、チセの身に起こる生の輝き、その一つひとつをともに感じて皆様が少しでも『世界の美しさを識る』ことができるよう、ヤマザキ先生とともにがんばっていきますので、引き続き、皆様におかれましては僕と一緒に先生を支えていただけますと幸いです。



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
ブログ「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『魔法使いの嫁』第3巻 Amazonで購入
  • 『魔法使いの嫁』第2巻 Amazonで購入
  • 『魔法使いの嫁』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]