このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『黒博物館 ゴースト アンド レディ』(藤田和日郎)ロングレビュー! 藤田和日郎流・ナイチンゲール物語。白衣の天使の相棒は…実在する劇場おばけ!?

2015/08/27


kuroHAKUBUTSUKAN_s01

『黒博物館 ゴースト アンド レディ』上巻
藤田和日郎 講談社 ¥880+税
(2015年7月23日発売)


混ぜるな危険。
待つこと十数年、ようやくテレビアニメ化された『うしおととら』主題歌のタイトルだが、そのとおり! 藤田和日郎マンガの熱量は混ぜてはいけない2つから発生する。
うしおととら、『からくりサーカス』の鳴海とフェイスレス。異質な2つの存在が出会い、アツくてハートを貫き通す物語が爆誕するビッグバン!

「灰色の服の男」(=グレイ)は、英国最古の王立劇場に現れるという実在の幽霊がモデル。

「灰色の服の男」(=グレイ)は、英国最古の王立劇場に現れるという実在の幽霊がモデル。

本作は、『黒博物館スプリンガルド』に続く黒博物館シリーズ、7年ぶりの第2弾。
前作は19世紀のロンドンに暗躍したバネ足ジャックという史実を素材に、スチームパンク力(ちから)をまとった怪人たちのアクション活劇が手に汗握らせた。

今回混ぜるのは、その史実と史実。ドルーリー・レーン王立劇場に出没する縁起のいい幽霊と、近代看護医学の母として知られるフロレンス・ナイチンゲールことフロー。
どちらもイギリス生まれでイギリス育ち、だったら出会っていても不思議じゃない。むしろ出会え!

グレイとフロー、その出会いは残酷なほどに痛々しく、鮮烈で。

グレイとフロー、その出会いは残酷なほどに痛々しく、鮮烈で。

「私を取り殺してください」というフローと、「悲劇」的な状況に酔い、フローに荘厳な死を与える役者として「絶望」のどん底で殺してやるという灰色の幽霊ことグレイ。
でも、2万回も同じ芝居を繰り返し見た舞台マニアのグレイは、ハンパな茶番を「悲劇」と認めない。「君たちは観劇の最中 大切な台詞を中断させて台無しにしてくれた」……とフローの敵を倒すグレイは、『うしおととら』のとらが「食わせろ」を口癖にするようなツンデレっぷり。
俺が最高の悲劇と認めるまで、勝手に絶望するんじゃねえ!

単行本情報

  • 『黒博物館 ゴースト アンド … Amazonで購入
  • 『黒博物館 ゴースト アンド … Amazonで購入
  • 『黒博物館 スプリンガルド』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]