このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』(渋谷直角)ロングレビュー! オシャレ! サブカル! ネット! ヤリマン! 心当たりありすぎる認めたくない自意識をマンガに吹き込んで あの向こうの もっと向こうへ!! ぼくらのじゆうを~

2015/09/24


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』

OKUDATAMIOninaritaiBOY_s

『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』
渋谷直角 扶桑社 ¥1,000+税
(2015年7月23日発売)


自意識高い系サブカルクソ野郎どもの地獄変、『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』でスマッシュヒットを飛ばした渋谷直角の最新作。
連作短編集の前作とは違って全14話からなる長編で、青春の残滓にしがみつく奥田民生信者(男)の右往左往が描かれる。

tamio_a2

前作では歌手(になりたい35歳女子)、お笑い芸人(になりたいフリーター)、詩人(を気取ったブロガー)といった、まだ何者でもない人たちの“夢の後先”がペーソスたっぷりに紡がれたが、今回の主人公・コーロキは編集者歴10年を数える35歳。『ボサノヴァカバー』の登場人物たちと比べると肩書きもしっかりしているし、カルチャー装備も軽めで、ごくごく普通の(中年期にさしかかった)青年だ。
だからして「あまりサブカル界隈に詳しくないからなぁ…」と敬遠気味の諸兄でも無問題。スムーズに感情移入できますよ!

さて、そんなコーロキの心の支えとなっているのが奥田民生。
30代中盤の男子にとってみれば、普段着で接してくれる身近さがあるのに、決めるときは決めて、誰からも一目置かれるような人生の先輩……。そんな民生に憧れるのは至極当然だ。

どんなときでも肩の力を抜いてブレない(ように見える)奥田民生は男子の憧れ。

どんなときでも肩の力を抜いてブレない(ように見える)奥田民生は男子の憧れ。

物語はコーロキが、家電雑誌「ゲットガジェ」からライフスタイル雑誌「マレ」に異動になったシーンから始まる。
コーロキはアーバンなウォーターフロントのマンションで開かれたオーガニックな歓迎会で、編集部員たちが放つ異次元のシャレオツオーラに呆然。これまでのキャリアがいっさい通じない新天地に、すっかり萎縮してしまう。

そんな彼の前に現れたのが、レディースブランド「GOFFIN&KING」のプレス担当・天海あかり。
タレ目×スイートボイス×ハト胸のウルトラキュートな彼女に瞬殺されたコーロキ。ここからはタイトルどおりの愛憎劇が展開されていく。

……胸チラって罪ですよね。

……胸チラって罪ですよね。

一方で、黄昏感漂う2014年~2015年の出版界をキッチリと活写。ツイートやLINE、メール等のテキストをフリーハンドでびっちりと書きこむ直角流の力技も健在だ。
ツイッターに全公開で叩きつけられる仕事の愚痴、不毛な論戦、都合のいい吐き捨てを鵜呑みにした共感リプライ……。ついつい細部まで読みこんで大笑いしてしまったあなたも、冷静になってみれば自戒の念がわいてくるのでは?
インスタグラムやフェイスブックを駆使して、恋人の素行をたどっていくSNS時代ならではのネット探偵描写も非常にスリリングだ。

手書きのトゥゲッター! どこかで読んだことあるリアリティあふれる書き込み……ついつい、内容を読みこんじゃいます。

手書きのトゥゲッター! どこかで読んだことあるリアリティあふれる書き込み……ついつい、内容を読みこんじゃいます。

単行本情報

  • 『奥田民生になりたいボーイ … Amazonで購入
  • 『カフェでよくかかっているJ-… Amazonで購入
  • 『直角主義』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2