このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『衛府の七忍』(山口貴由)ロングレビュー! 魂の化身・怨身忍者が悪を討つ! 山口キャスト続々登場。今度の“カクゴ”は江戸時代で変身!!

2015/11/25


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『衛府の七忍』

EIFUno7NIN_s01

『衛府の七忍』第1巻
山口貴由 秋田書店 ¥562+税
(2015年10月20日発売)


kakugo_02-4C_s

笑える若先生が帰ってきた!

「チャンピオンRED」での新連載を読んだとき、思わず漏れた言葉だ。
若先生とはファンが山口貴由先生を敬意をこめて呼ぶ名称。魂を揺さぶられた読者はひとつの作品を超えて、作家本人の生涯を追いかけてゆく。

負けることが恥ではない、戦わぬことが恥なのだ! 独特でアツいセリフまわし、グロいが鮮烈な『覚悟のススメ』にハマって以来、過去の『平成武装正義団』までさかのぼって読みかえしたりもした。『悟空道』のマイペースにもほどがある道のりも、振りかえれば楽しかった。

そして『シグルイ』は初の原作ありき(小説『駿河城御前試合』)ゆえに、余剰が極限まで斬りおとされ、刀のように研ぎすまされた。
殺すには惜しいキャラクターたちの死が降り積もり、藤木VS伊良子の対決に結晶する無残にして美しい物語だ。

その重さを背負ったまま始まった前作『エクゾスカル零』。たしかに凡人の理解を拒むストイックなドラマも、若先生の魅力のひとつ。だが、「ひとつ」でしかない。究極の愛って何? それは2つがひとつになること……と男子を丸呑みする破夢子に噴き出す、生と死の間にある「笑い」に僕らは強く惹かれていたはず。

「心はけして逃げぬ…逃げぬが身体がくそびびりまくっておるのじゃ」

本作のアタマを飾るこのセリフこそ、笑える若先生のカムバック宣言。
曖昧になった虎眼先生が鯉をむさぼり食ったり、暗がりでちゅぱちゅぱやってた山崎九郎右衛門に感じた「怖がったらいいのか笑ったらいいのか」のセンスが再び!

「化外の民」を探し求めて深山をさまよう豊家の残党・兵頭伊織の前に精悍な若者・カクゴが現われた。

「化外の民」を探し求めて深山をさまよう豊家の残党・兵頭伊織の前に精悍な若者・カクゴが現われた。

kakugo_01-4C_s

単行本情報

  • 『悟空道』第1巻 Amazonで購入
  • 『覚悟のススメ』第1巻 Amazonで購入
  • 『エクゾスカル零』第1巻 Amazonで購入
  • 『シグルイ』第1巻 Amazonで購入
  • 『山口貴由初期作品集 サイバ… Amazonで購入
  • 『愛蔵版 蛮勇引力』上巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]