このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【2015年の「このマンガがすごい!WEB」をふり返る】目ききに聞く&あの書店に聞く!!編

2015/12/23


2015年も残すところあとわずか!
みなさん、明日、あさってのクリスマスに浮き足だっているんじゃないですか~?
ちなみにこのマン編集部は年末進行で修羅場です!(泣)

さて本日から、2015年の「このマンガがすごい!WEB」をふり返る歳末特別企画を実施しちゃいます! 今年一年、どんな作品や話題がマンガファンの注目を集めたのかふり返っていきましょう♪ 毎日各コーナーで反響を呼んだ記事などをご紹介していきたいと思いますので、お見逃しなく!!

記念すべき第1回は、「目ききに聞く」「あの書店に聞く!!」のコーナーから☆
特定ジャンルにくわしい「目きき」の人たちに、カテゴリ別で必読のマンガ作品を教えてもらった「目ききに聞く」、そして日本全国にある、特にマンガの品ぞろえに力を注いでいる本屋さんから、自信を持ってオススメするマンガを教えてもらった「あの書店に聞く!!」では、それぞれみなさんからコアな作品がたくさん挙がってきて、編集部でも「オォッ!」とうなるようなビックリのラインナップとなりました!

それでは、さっそく鋭い観察眼を持った「目きき」と「書店」のみなさまが選んだ作品を一気にチェックしちゃいましょう☆

「このマンガがすごいWEB」2015年を代表する「目ききに聞く」ベスト記事セレクション

祝・活動再開!! “あの”矢口真里さんが休業中に読んでいたマンガとは……!? 【目ききに聞くスペシャル 前編】

テレビで見ない日なんてないほどの大活躍を見せていたタレントの矢口真里さんが、「ある諸事情(※有名ですが……)」により、突如として視聴者の前から姿を消したのが2013年5月。
それから1年5カ月。長い休業期間を経てついに復帰した矢口さんの「休業中はずっとマンガを読んでいました」という発言をもとに「このマンガがすごい!WEB」編集部は、彼女がハマったマンガを徹底取材しました。(2015年2月11日配信)

1作品目は……『きょう会社休みます。』 藤村真理

kyouhakaisya_s07

「これは外せなかったですね。私も会社を休んでいましたし(笑)。これまですごく忙しかったぶん、平和なマンガをゆったりと読んでるとすごい癒されるんです。『君に届け』もピュアだけど、『きょう会社休みます。』は本当に心が洗われて大好きになりました。」

⇒⇒⇒気になる続きは、コチラ!!

“都合がよければすぐ読んでくれ――都合が悪くても読んでくれ。S・H”「シャーロック・ホームズ マンガ」ベスト3 作家・翻訳家 北原尚彦さん【目ききに聞く】

イギリスの作家コナン・ドイルが創造した、世界でもっとも有名な私立探偵「シャーロック・ホームズ」。様々なホームズ関連の著作を多数発表している作家の北原尚彦さんに、「シャーロック・ホームズ」を題材としたマンガのなかから、オススメの3シリーズを選んでいただきました。(2015年1月27日配信)

1作品目は……『SHERLOCK』シリーズ Jay.

SHERLOCK_s01

「“シャーロック・ホームズが現代人だったら?”という設定の人気英国ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』をコミカライズしたシリーズ。著者のペンネームはアルファベット表記だが、アメコミ翻訳などではなく、我が国オリジナルのマンガ作品。
海外の『SHERLOCK』ファンに「日本にはこんなのがあるんだぜ」と胸を張って自慢できるレベル。ドラマを復習するのにも最適。」

⇒⇒⇒気になる続きは、コチラ!!

これが私のオタク道! 萌えてる私たちはいい感じ? 「個性派オタク女子の登場するマンガ」ベスト3 ライター・前田久さん【目ききに聞く】

「オタク」という用語は、発祥から長い間男性に対して適用されるものでしたが、最近は日常生活も立派にこなせるオタク女子が増える傾向にあります。そんな日々を充実して過ごす、ある意味でじつに「リア充」な女性たちは、マンガの世界にも進出中の模様。
そこで、個性的なオタク女子たちが登場するオススメのマンガを、ライターの前田久さんにピックアップしていただきました!!(2015年3月31日配信)

1作品目は……『干物妹!うまるちゃん』 サンカクヘッド

umaruchan_s05

「主人公の妹・うまるは、学校では人気者の美少女だが、家に帰るとお菓子に飲み物をかかえゲームにふける、グータラを絵に描いたような“干物妹(ひもうと)”。とはいえ、ダメ人間なりに独特なこだわりはあり、なんだかんだと、うまるちゃんは日々を充実させるための努力を惜しまない。その姿を見ていると、なぜだか気持ちが穏やかになってくる。
思わず“人生を楽しむとはどういうことだろうか?”などという、ふだんは無意識の底に沈みこんでいるような、哲学的な問いすら浮上してくるほどだ。」

⇒⇒⇒気になる続きは、コチラ!!


「このマンガがすごいWEB」2015年を代表する「あの書店に聞く!!」ベスト記事セレクション

「男も読める少女マンガ」ベスト3 少女マンガ読者歴25年の担当者がオススメ!【書店に聞く!! 恵文社バンビオ店】

最近は、「男性向け」「女性向け」という垣根なく活躍する漫画家さんも増えてきて、そういった“目に見えない壁”はなくなってましたよね。
男性向けあるいは女性向けの区別は気にせず読んでいただきたい良作を、ご紹介していただきました!(2015年04月16日配信)

1作品目は……『宇宙を駆けるよだか』 川端志季

SORAwoKakeruYodaka_s01

恵文社バンビオ店・店長兼コミック担当の宮川元良さん

「男女が入れかわるお話はマンガだとけっこうよくあるお話ですが、女子が妬みをうけて、入れかわられてしまうという世にも恐ろしいお話は、今後“どうなるんだろう……!?”と、次が気になって仕方がありません。はたしてあゆみはもとに戻れるのか? と、手に汗握ります!」

⇒⇒⇒気になる続きは、コチラ!!

「マンガ離れしてしまった社会人のアナタ」にすすめるベスト3
【書店に聞く!! 芳林堂コミックプラザ】

東京・池袋東口方面といえば、今や全国の女性アニメ・コスプレファンが集まる“乙女ロード”は、もはや全国区といってよいメジャー地域。
この時お話をうかがった芳林堂コミックプラザは、池袋西口を中心としたエリアの書店さんです。ヲタク女子に盛況の東側に対し、西側ではやや平均年齢が高いお客様が多いのだとか。「昔はよくマンガを読んでいたけど、最近はごぶさた……」という男性に読んでもらいたいマンガをご紹介いただきました!(2015年5月21日配信)

1作品目は……『It's my Life』 成田芋虫

ItsMYLIFE_s01

芳林堂コミックプラザ店・店長の佐々木敏彰さん

「本作はファンタジーものですが、35歳のアストラと8歳のノアとういう歳の差コンビを描くコメディタッチのマンガで、主人公・アストラが中年男性ということもあって、当店のお客様にぜひオススメしたいと思っている作品です。」

⇒⇒⇒気になる続きは、コチラ!!

4月放送開始の“春アニメ”がアツい! 「アニメファンが期待を寄せるマンガ」ベスト3【あの書店に聞く!! アニメガ 二子玉川店】

2015年は百花繚乱だったアニメ界。配信当時は3~4月の番組改編期直後ということで、『アルスラーン戦記』、『響け!ユーフォニアム』、『うたの☆プリンスさまっ♪』など待望の春アニメが放送開始されました。
“注目作がたくさんありすぎて決められないよ!”なんて声も聞かれるなか、アニメも大好きな書店さんが選ぶ超期待作品の原作マンガをご紹介しました。(2015年4月9日配信)

1作品目は……『終わりのセラフ』 鏡貴也(作) 山本ヤマト(画)

OWARInoSeraph_s08

アニメガ 二子玉川店コミック担当スタッフ・岩沢さんと藤森さん

「講談社ラノベ文庫から発売された鏡貴也さんの小説と第1巻が同時発売となったマンガです。小説版は講談社から、マンガ版は集英社から発売されているという、ちょっと変わった作品です。小説版で15歳の少年だった主人公・一瀬グレンが成長して、マンガ版の主人公である百夜優一郎が所属する部隊の上司となって登場する、というように2つの作品は異なる時間軸で描かれるのが特徴です。」

⇒⇒⇒気になる続きは、コチラ!!


いかがでしたか?
ふだんマンガに接する機会が多い、本屋さんやその道に精通した目ききの皆さんのオススメだけに、なかなか説得力のあるマンガが多い印象を受けました。

あなたのおうちのまわりにも、ほかとはひとあじ違うラインナップが自慢だったり、マンガが大好きな店員さんがいる本屋さんがあったら、そして、“このジャンルのあの人はマンガが大好きみたいなので、お話を聞いてほしい!”という方がいたら「このマンガがすごい!WEB」まで教えてくださいね!

明日の第2回は「月間ランキング オンナ編」のふり返り!
2015年はどのような作品がランクインしていたのでしょうか……?
明日もぜひチェックしてください♪

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]