このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『怪奇まんが道』宮崎克(作) あだちつよし(画)ロングレビュー! “本当にあった”トラウママンガ誕生の苦悩と叫び!!!!

2016/01/17


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『怪奇まんが道』


『怪奇まんが道』著者の宮崎克先生、あだちつよし先生から、コメントをいただきました!

原作:宮崎克

『ブラックジャック創作秘話』に引き続きとりあげてもらって本当にうれしいです。
ノンフィクションマンガは基本的に地味で、手に取っていただきにくいイメージがありますが、それぞれにすばらしいドラマが存在しています。
この機会に、より多くの方にお読みいただければ幸いです。

作画:あだちつよし

1月の月間ランキングで1位になれてうれしいです。
いいものを創れたという自負はあるんですが、自分たちがやってきたことが本当に正しかったのかどうかを客観的に判断されることはなかなかないので、今回このようなかたちで評価していただけたことに感謝しています。



KaikiMANGAmichi_s01

『怪奇まんが道』
宮崎克(作) あだちつよし(画) 集英社 ¥720+税
(2015年11月19日発売)


霊感もないくせに人一倍恐がりで、だけどそういう人間に限ってホラーが好きだったりするから困りものだ。
それはつまり私=筆者のことであるのだが、そんなホラー好きにとって、宮崎克・あだちつよし『怪奇まんが道』(集英社)はたまらない1冊だ。

『ブラック・ジャック創作秘話』などでもおなじみの名編集者・壁村氏も登場。古賀先生の『エコエコアザラク』の担当だった。

『ブラック・ジャック創作秘話』などでもおなじみの名編集者・壁村氏も登場。古賀先生の『エコエコアザラク』の担当だった。

登場するのは古賀新一、日野日出志、伊藤潤二、犬木加奈子というホラーマンガ界の錚々たる面々。
インタビューをもとに描かれるその創作秘話は、「まんが道」のタイトルにふさわしい切実さと苦悩とに満ちている。

日野先生の独特の画風が確立されるまでのエピソードも興味深い。小指を太く描くだけで不気味に見えるという発見!

日野先生の独特の画風が確立されるまでのエピソードも興味深い。小指を太く描くだけで不気味に見えるという発見!

古賀新一先生が読むことができなかった手塚治虫からの手紙、日野日出志先生の父子の葛藤、犬木加奈子先生のシンデレラストーリーとその終焉……なかでも印象的だったのは、伊藤潤二先生の突然亡くなった同級生の話だ。

中1までひとりでトイレに行けなかったという伊藤先生は、臆病なくせに楳図かずお、古賀新一、日野日出志らの作品を愛読するホラーマンガファンだった。
そのデビュー作にして代表作である『富江』は、ある“違和感”をもとに着想された作品だったという。

やはり『富江』は特別な作品だと語る伊藤先生。ほかの少女キャラを富江より美しく描かない理由とは…。

やはり『富江』は特別な作品だと語る伊藤先生。ほかの少女キャラを富江より美しく描かない理由とは…。

単行本情報

  • 『怪奇まんが道』 Amazonで購入
  • 『ブラック・ジャック創作秘話… Amazonで購入
  • 『殴人(なぐりびと)K』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]