このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【3月の「このマンガがすごい!」ランキング オトコ編】押切蓮介の自伝……ではなく母伝!? オトコ編第1位は……

2016/02/22


第7位(74ポイント)

『銀座からまる百貨店お客様相談室』 鈴木マサカズ(著)関根眞一(協)

ginzaKARAMARUhyakkaten_s01

『銀座からまる百貨店お客様相談室』
鈴木マサカズ(著)関根眞一(協) 講談社


銀座の老舗百貨店・空丸(からまる)百貨店に入社した木洩田(こもれだ)一郎は、志望に反して「お客様相談室」に配属された。
彼は食料品売り場で発生したつり銭間違いのクレームに対処すべく、初めての訪問対応に臨むが、緊張がピークに達すると本音を口にするという変なクセが災いして窮地に陥る。

実際に働くならこんな職場は嫌だと思いながらも、他人事だと楽しく読めます。

オススメボイス!

■脇役メンバーが濃くて好き。クールで無機質な水科さくらは「壊れている」感じがするし、室長もマッド。クレーム対応部署の狂気じみた「すごみ」が伝わる(紙屋高雪/ブログ「紙屋研究所」管理人)
■職業ものは好みですが、本作は特に癖があっておもしろい。クレーム対応部署を舞台にしつつ、クレーマーよりも相談室の人のほうがより癖がある設定にしたのはみごと。フィクションならではの味がありました(happysad/「マンガ一巻読破」管理人)
■モンスターを含むクレーマーとの戦いの最前線、百貨店のお客様相談室をメインに、客商売の理不尽さ、しかしそれでもやらねばならぬという困難さを描く。自分がこの職場に行ったら、1週間で辞めるね(soorce/オヤジ漫画系ブロガー)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ!

第8位(66ポイント)

『フードファイタータベル』 うすた京介

FoodFighterTABERU_s

『フードファイタータベル』
うすた京介 集英社

定食屋・ルーズソックスの息子・原田美味満(はらだ・うまみち)はテレビでおいしいものを紹介するような人になりたいと思っているグルメ少年。
とっておきの高級弁当を不良たちに奪われそうになった美味満は、さすらいのフードファイター・神無食流(かんなし・たべる)に助けられる……と同時にその弁当を残らず食べられてしまって!?

「週刊少年ジャンプ」の定番・バトルマンガに「フードファイト」の概念を盛りこんだシュールギャグ。
あいかわらずの「うすた京介ワールド」、破壊力バツグンです!

オススメボイス!

■やっぱりうすた京介先生は天才だなと思わせる奇作。まともな人間ほどタベルに振りまわされる、うすた節は健在!(かーず/個人ニュースサイト「かーずSP」管理人)
■久しぶりの最新作のテーマは、まさかのフードファイター!? 新たな巻きこまれ型主人公・ウマミチのツッコミもひときわさえわたってます。(富士見大/個人ニュースサイト「かーずSP」管理人)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ!


第9位(64ポイント)

『弟の夫』 田亀源五郎

OTOUTOnoOTTO_s02

『弟の夫』
田亀源五郎 双葉社

娘の夏菜と2人暮らしの弥一は、亡くなった双子の弟・涼二の“結婚相手”だったマイクの訪問を受けて、彼とのつきあい方に戸惑う毎日を送っている。
そんな弥一と夏菜の前に元妻の夏樹が登場して……。

第19回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門の優秀賞を受賞するなど、マンガの枠を超えて話題を呼んでいるゲイアートの巨匠・田亀源五郎の作品。
様々な問題を浮き彫りにしていますが、なによりも作者の画力とともにマンガとしておもしろさのがポイント。

オススメボイス!

■1巻ではゲイへの偏見バリバリだった弥一も、マイクと生活することによって考えが少しずつ変化していきます。筆者が今まで実際に言われたであろうこと、また現在日本で差別など心ない扱いに傷ついている方々のことが、優しく、ときに激しく淡々と描かれています。と、LGBT的な視点はおいておくにしても、ひとつのマンガ作品として今後どう動いていくのかが楽しみな一作です。マイク、YOUは何しに日本へ?(冬蜂/風俗情報サイト「フーゾクDX」制作部)
■主題はゲイだが、世の中には人種や民俗や性別や大小様々なレベルで差別が存在して、それに対処する気がまえとか、カムアウトの意義などを考えさせられる。(加山竜司/フリーライター)
■寄るべない少年が、ムキムキでモジャモジャしたたくましい拠りどころを得る場面でホロホロと泣けて泣けてたいへんだった。シネコンのロビーで読んじゃったので(侍功夫/映画評誌「Bootleg」代表/映画ライター)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ!

著者インタビューは、コチラコチラ!


第10位(62ポイント)

『SAD GiRL』 高浜寛

SadGirl_s

『SAD GiRL』
高浜寛 リイド社


主婦・村上詩織は睡眠薬の過剰摂取により救急搬送されたが、翌日失踪してしまう。
彼女は友人・Aのもとに身を寄せるが彼女は薬物所持で逮捕されてしまい、今度は逃げるようにしてかつての交際相手・Sと再会するが……。

フランスをはじめ海外で高い評価を受けている高浜寛の日本未公開作品全5編を収録。
社会生活から逸脱して、さらにまた堕ちつづける女性を淡々とした視線で描く表題作をはじめ、日本人にも読んでほしい作品ということで注目が集まりました。

オススメボイス!

■表題作を読んでいると自分の人生があまりうまくいっていなかったころのことを思い出す。しかし今の私はそれが永遠ではないことを知っている。本作にはいくつかの依存症が描かれているが、人生がうまくいっていないとき、たいてい人は何かに依存しているものだ。私たちはひとりで歩いて行かねばならない。たとえ千鳥足だろうと、足を引きずっていようと。「生きていこう。まるで一度も挫折したことがないかのように」(小田真琴/女子マンガ研究家)
■高浜寛先生待望の新刊! どこまでも救いのない物語にはまりました。(八尾美映子/三省堂書店神保町本店コミック担当)
■表題作「SAD GiRL」で描かれる、社会から転落していく女性の人生は、ひたすら暗くてつらくて痛い。でもどうしても目が離せない(芝原克也/日本出版販売コミックチームチーフ)


「このマンガがすごい!WEB」アンケートご協力者一覧

粟生こずえ(編集者・ライター)【URL】/ アキミ(ブログ「ボーイズラブを読む!」管理人)【URL】/ あきやまかおる(声優・グラフィックデザイナー)【URL】/ 麻野昌三(「わんだ~らんど」なんば店 店長)【URL】/ 旭屋書店なんばCITY店 平田(「旭屋書店」コミック担当)【URL】/ 後川永(オタク系よろずライター)【URL】/ 井口啓子(文化系ライター)【URL】/ いけさん(ブログ「いけさんフロムエル」管理人)【URL】/ 一ノ瀬謹和(ライター)/ いづき(ブログ「おとよめ」管理人)【URL】/ 稲垣高広(ブログ「藤子不二雄ファンはここにいる」管理人)【URL】/ 犬紳士(養蜂家)【URL】/ 犬山紙子(ライター)/ いのけん(麻雀マンガブログ管理人)【URL】/ 今村方哉(レコード会社勤務)/ 岩下朋世(相模女子大学講師)/ 卯月鮎(書評家・ゲームコラムニスト)【URL】/ 梅本ゆうこ(ブログ「マンガ食堂」管理人)【URL】/ エロ上司(「とらのあな」商品課 バイヤー)【URL】/ 大黒秀一(エンタメ系ライター)【URL】/ 太田和成(「あゆみBOOKS」五反田店 コミック担当)【URL】/ オオタシンイチ(カメラマン・編集)/ 大西祥平(漫画評論家)/ 小田真琴(女子マンガ研究家)【URL】/ かーず(「かーずSP」管理人)【URL】/ ガイガン山崎(暴力系エンタメ専門ライター)【URL】/ kaito2198(海外翻訳者)【URL】/ かとうちあき(「野宿野郎」編集長(仮))【URL】/ 門田克彦(門田克彦/よるのひるね 出版・古本カフェ的店舗)【URL】/ 紙屋高雪(ブログ「紙屋研究所」管理人)【URL】/ 加山竜司(フリーライター)【URL】/ 川原和子(マンガエッセイスト)【URL】/ 紀伊國屋書店新宿本店(新宿区書店)【URL】/ 稀見理都(エロマンガ史研究家)【URL】/ Captain Y(アメコミブロガー)【URL】/ きんどう zon(電子書籍まとめサイト管理人)【URL】/ 久芳俊夫(「MANGART BEAMS T」ディレクター)【URL】/ 倉持佳代子(京都国際マンガミュージアム研究員)【URL】/ 黒鈴(電子書店スタッフ)/ 黒谷貴清(フリー編集者)/ KT.(マンガと装丁の紹介ブログ「良いコミック」管理人)【URL】/ 劇画狼(漫画始末人/「おおかみ書房」代表)【URL】/ 小林聖(フリーライター)/ 小林美姫(フリーエディター/ライター)【URL】/ 小山まゆ子(フリーランス編集/ライター)/ ゴロー(AV男優)【URL】/ 塞神雹夜(悪魔祓師)/ 境真良(国際大学GLOCOM客員研究員・経済産業省国際戦略情報分析官(情報産業))【URL】/ ササナミ(ブログ「雑食商店街3373番地」管理人兼書店員)【URL】/ さすらい(ブログ「(怒りの以下略)」管理人)【URL】/ 侍功夫(映画評誌「Bootleg」代表/映画ライター)【URL】/ 澤水月(報道勤務/ライター/mixi平山夢明コミュニティ管理人)【URL】/ 四海鏡(石ノ森ファン)【URL】/ 東雲騎人(イラストレーター)/ 芝原克也(日本出版販売 コミックチームチーフ)【URL】/ じゃまおくん(「BLACK徒然草」管理人)【URL】/ 白峰彩子(書誌屋)【URL】/ 杉村啓(料理マンガ研究家)【URL】/ 杉山陽一(「COMIC ZIN」秋葉原店 コミックバイヤー)【URL】/ すけきょう(ブログ「ポトチャリコミック」管理人)【URL】/ soorce(オヤジ漫画系ブロガー)【URL】/ 滝川レイ(フリーカメラマン)/ 竹下典宏(「まんだらけ」コンプレックス 店長)【URL】/ 多根清史(ライター)/ 種村理沙(「KYTIMKYM」管理人)【URL】/ たまごまご(ライター)【URL】/ ちょうあゆ(編集)【URL】/ 塚本浩司(「COMIC ZIN」商業誌部門責任者)【URL1】【URL2】【URL3】/ ツクイヨシヒサ(漫画評論家)【URL】/ 辻 真先(アニメ脚本家・ミステリ作家)【URL】/ てれびのスキマ(ライター)【URL】/ トシ(書店員)/ トロピカルあいこ(ライター)/ 永田希(書評家/マンガサロン「トリガー」店長)【URL】/ 名久井直子(ブックデザイナー)【URL】/ ナデガタ(漫画感想ブログ管理人)【URL】/ なみかわみさき(作家)【URL】【URL】/ 奈良崎コロスケ(博奕・マンガ・映画の3本立てライター)【URL】/ 野田謙介(マンガ研究者・翻訳者)/ 野中モモ(ライター)/ 八戸(4コマレビューブログ「素晴らしい日々」管理人)【URL】/ happysad(「マンガ一巻読破」管理人)【URL】/ 浜波孝至(「BOOKSなかだ」魚津店 営業担当)【URL】/ 早川博志(「恭文堂」コミッククラフト店)【URL】/ 廣澤吉泰(ミステリコミック研究家)/ V林田(咲-Saki-ファン)【URL】/ 福丸泰幸(「喜久屋書店」漫画館京都店 店長)【URL】/ 藤谷千明(フリーライター)【URL】/ 富士見大(編集・ライター)/ ふな(ブログ「はてなで語る」管理人)【URL】/ 冬蜂(風俗情報サイト「フーゾクDX」制作部)【URL】/ フラン(ブログ「フラン☆Skin」管理人)【URL】/ 穂高茉莉(楽器店店員)/ マキタマキナ((成年)漫画愛好家)【URL】/ マクガイヤー(ブログ「冒険野郎マクガイヤー」管理人/ニコ生主)【URL】/ 漫画トロピーク(謎の社会人漫画サークル)【URL】/ 水野(「有隣堂」コミック王国 主任)【URL】/ 南信長(漫画解説者)/ 宮川元良(「恵文社」バンビオ店 店長)【URL】/ 宮本直毅(ライター)【URL】/ 宮脇書店本店(コミック担当)【URL】/ もみちゃん(インターネットカフェ コミック担当)/ 森田真功(ライター/ブログ「Lエルトセヴン7 第2ステージ」管理人)【URL】/ 八尾美映子(「三省堂書店」神保町本店 コミック担当)【URL】/ 山内康裕(「マンガナイト」代表)【URL】/ 山口貴士(弁護士)【URL】/ 山田幸彦(ライター)【URL】/ 山脇麻生(ライター&編集者)【URL】/ 吉田アミ(文筆家/音楽家)【URL】/ 吉村和真(京都精華大学 国際マンガ研究センター センター長)【URL】/ 吉村ルミ(「芳林堂書店」高田馬場店)/ リブロ池袋本店(豊島区書店)【URL】/ りる(感想系ブログ「空夢ノート+」管理人)【URL】/ raven(ディレッタント)【URL】/ ロマン優光(ミュージシャン/ライター)【URL】/ 渡辺淳之介【JxSxK】(アイドルプロデューサー)/ 渡辺水央(ライター)/ 和智永妙(ライターたまに編集) ほか


⇒⇒⇒ランキング「オンナ編」も要チェック!!


単行本情報

  • 『HaHa』 Amazonで購入
  • 『カナリアたちの舟』 Amazonで購入
  • 『マンガ サ道 ~マンガで読む… Amazonで購入
  • 『あの娘はヤリマン』第1巻 Amazonで購入
  • 『天賀井さんは案外ふつう』第… Amazonで購入
  • 『クミカのミカク』第1巻 Amazonで購入
  • 『銀座からまる百貨店お客様相… Amazonで購入
  • 『フードファイタータベル』 Amazonで購入
  • 『弟の夫』第2巻 Amazonで購入
  • 『SAD GiRL』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2