このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『HaHa』(押切蓮介)ロングレビュー! “アンタの息子だから描けた”自伝ならぬ母伝! 18歳のかーちゃんとそのかーちゃんの言葉が胸に沁みる…

2016/03/09


2phaha_4c_s

現在は川崎で肝っ玉母ちゃんとして平穏に(!?)暮らす、亘江の意外な過去に著者が驚愕する姿は、まさにマンガ版『ファミリーヒストリー』といった感じ。
なかでも印象的なのが、亘江の母の大物っぷりだ。彼女が随所で亘江に語りかける言葉は、きわめて真っ当ながらも、人生の酸いも甘いも噛み分けた者だけがもつ含蓄にあふれている。

旅館の女将だった亘江の母・キヌヨ。説教する姿もカッコイイっす。

旅館の女将だった亘江の母・キヌヨ。説教する姿もカッコイイっす。

そんな亘江の歴史を知ったとき、以前はうるさいだけだった彼女の小言が、先人たちから脈々と受け継がれた「心の遺産」として、著者本人はもちろん読者のなかにも、ズシリとした重みとぬくもりをもって響いてくる。

物語終盤には、例の「ハイスコアガール事件」後のエピソードも登場。
その際、亘江が息子に投げ掛ける言葉がまたカッコよすぎて……。こんな母ちゃんになりたい! と感銘受けましたよ。

ファンなら気になる、あの事件後のエピソードも。この母ちゃんがいたからこそ、押切先生のこの新作が読めたのだ……!

ファンなら気になる、あの事件後のエピソードも。この母ちゃんがいたからこそ、押切先生のこの新作が読めたのだ……!

親の人生を知ることで、自分が今ここに存在している意味を思い、自身の呪われた体質(件の事件はもちろん、なぜか不良に絡まれるとかカラスに好かれるとか)も含め、すべてを受け入れたうえで、たくましく生きていこうと奮起する著者の姿にもジ~ン。

もちろん、母を美化するようなイイ話だけではなく、押切作品ならではのショボイ残念エピソードもあり、それがまたリアルで沁みる。

どんな人のどんな言動にも、そこに至るルーツがある。それを知れば、どんなに理解不能と思っていた人も理解できるはず!?

どんな人のどんな言動にも、そこに至るルーツがある。それを知れば、どんなに理解不能と思っていた人も理解できるはず!?

押切蓮介って、B級ホラーorゲームマンガの人でしょ? という人にこそ読んでほしい。
氏の秘めたる抒情性が開花した、せつなくもいとおしい人生賛歌だ。



<文・井口啓子>
ライター。月刊「ミーツリージョナル」(京阪神エルマガジン社)にて「おんな漫遊記」連載中。「音楽マンガガイドブック」(DU BOOKS)寄稿、リトルマガジン「上村一夫 愛の世界」編集発行。
Twitter:@superpop69

単行本情報

  • 『HaHa』 Amazonで購入
  • 『ぐらんば』 Amazonで購入
  • 『サユリ 完全版』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]